ENDON

ENDON

――“音楽的”な成分はどのようにバランスを保っているのでしょうか。例えばブラックメタル的な意匠を用いたりしていますが。
宮部 「ブラックメタル的と言われるとそうなんですけど、単純にトレモロはノイズとの相性が良くて非常に使い易いんですよ。どちらにもフィットできるプレイの方向がそれだったという感じですね」

――『Acme. Apathy. Amok』の時は、もっと指運の多いプレイもされていましたよね。
宮部 「そうですね。前作はフリー・ミュージックに近いものだったわけですけど、フリー・ミュージックのギターというと、やっぱりフリー・ジャズ寄りのクロマチックで攻め立てるものになりがちなんですよ。でも僕自身のルーツにあるのはロックやブルーズなので、ジャズ以外の方法でジャズより加速できないかと考えた末にああいった形になったんです。まあ、速弾きですよね。ハードロックです。ハードロック的な雰囲気で弾いてはいましたね」

――アルバムでは、かなりブルージーなソロも披露していますよね。
宮部 「はい。今回はかなりそういうところも機能的に勝負してみました」
那倉 「この人は、ロック以前の、もっと古いブルーズが好きなんですよ。白人のパワーが入る前の。Johnny Winter好きじゃないでしょ?」
宮部 「そうだね……。Lightnin’ Hopkinsとかの方が好きだね」

――そういう人がこのバンドにいるというのが良いですね(笑)。
那倉 「灰野(敬二)さん、中村(宗一郎)さんと話が合ってるのを見て、エラいと思いましたね」
宮部 「あれは光栄でした」

――作曲も宮部さんが担当されているんですよね。曲作りはどのように進行するのですか?
宮部 「各メンバーにどういうものがやりたいか、どういうことが出したいかということをヒアリングして、それを頭の隅に置いておくんですよ。それを気分がノッているときにまとめる感じですね。ずっと曲を作っているわけではないです」

ENDON

――ENDONという特殊な環境では、完成した曲をメンバーに伝えるのは至難の業だと思います。具体的にどのように伝達するのでしょうか。
宮部 「楽譜ですね」

――楽譜があるんですか!?
那倉 「楽譜です。グラフィック・スコアじゃないですよ」
宮部 「コードと小節くらいの簡単なものですけどね」

――ノイジシャンたちに対しても?
那倉 「そうです。ギターの歌ものの楽譜にノイズを付けていく感じですね。ノイズ発生の兆候、風合いを置いてゆく。すごく分かり易い建物があって、そこにどう蔦を絡ませるか、という感じです」
宮部 「動きに関してはインプロヴィゼーションだから制限出来ないんですけど、後ろにはコードが流れていて。楽譜に書いて、音の動き、デザインだけでも見ることが出来ればと思って」
那倉 「今回のアルバムに入っている曲は完全に、楽譜がないと演奏出来ない曲だと思います。エラそうに言うと、テキトーにやって出来るものじゃないんですよ。音源は作れるかもしれないけど、ライヴは無理ですね。“バンド”は再現性が重要なんですよ。日によって違うっていうのは、それは“バンド”じゃないです。一般論ではないですけど、僕はそう思いますね。やっぱり、“バンド”がやりたいんですよ。しかも王道の。日本の前衛ロック、例えば灰野さんとか非常階段、その後の大阪ゼロ世代的なものを踏まえた上で、その流れにある新しいものをやろうとすると、そういう手しかないと思うんですよ。でも王道じゃないものの方が売れるんですよね。そういうもの、僕は好きじゃないです。日本人がやるストレンジな音楽が嫌いです。地に足が着いてない、ふわふわしたものは僕らには作れないですね。王道が良いんです。最初に好きになったのがLED ZEPPELINだったんで」

ENDON

――“ロック”ですね。
那倉 「“ロック”であるかどうかは重要ですね。そういう王道感が一番大事だと思う。だからある種のプログレに対してはロックリスナーとしてすごく否定的なんですよ。PFMとかはダメ(笑)。ああいうのはロックじゃないでしょう。形容詞で言えば“ワイルド”じゃなきゃいけない。あと僕、FAITH NO MOREが大好きなんですよ(笑)。あのフツーっぽい感じが。フツーというか、バンド運営がちゃんとしてる感じ。バンドに“ちゃんとしてる”なんて本当はないんですけどね。1990年代にあってFAITH NO MOREってすごく“ちゃんとしてる”印象があって。そういうバンドになりたいんですよね。そう思いつつもノイズに片足突っ込んでるわけですけど。だからやっぱり秋田(昌美 / MERZBOW)さんはすごいんですよ。独りでやっているのに、そこにLED ZEPPELINがいるような感じがしますもんね」

――ハーシュ・ノイズを用いて、空気的な部分をリヴァイヴァルさせてゆく感じですね。
那倉 「そうですね。でも僕らはバンドだから。例えば、JOJO(広重)さんのインタビューを読んでみると、ロックに対するコミットが非常に高いので、同じロックでも“ロックの音”の話をいきなり始められるんですよ。例えば音が盛り上がってる部分、“Uli Jon Rothのソロとジミヘンのソロが永遠に続けば最高のノイズになるんじゃないか”っていうことをひとつのノイズの理想に持っていたわけですけど、僕たちはロックが当たり前のものではないので、まず構造的な整備を考えますね。“ロックバンドの構図”をなくさずにノイズをやるという。その点でマイブラは良いんですけど、“ノイズ”はギターのトーンの中に押し込められているし、ハードロック的な“ロック”は足りない。もうひとつ言えば、さっきの“構築化”の話ともオーヴァーラップしてくるんですけど、例に挙げた先輩方との差異を簡単に言ってしまうと、僕らは90sリヴァイヴァル指向なんですよ(笑)。感覚的には。ある種、もはやノスタルジーでやっている感じもありますしね。要素分析をすると、新しいところは何もないですから」