ENDON

ENDON

――あはは(笑)。でもオールドロックの例えは分り易いですよ。
那倉 「ギターの音なのかノイズの音なのかわからないし、ていうかまあ、どっちの音でもいんんですよ。すごく相乗的に、総合的になってる。コンポジションは幸宜が抱えてるのかもしれないけれども、それでもやっぱり独立した才能はないっていうか。幸宜の好きな音楽がこれ、っていうわけでもないしね。この人は好きなのはアルヴォ・ペルトとかなんかですから。好きな曲を書かせたら、みんなの仕事量激減します。ENDONの曲は、幸宜がみんなのことを思って作ってる曲(笑)」
宮部 「バンドをやるために」
那倉 「そう。“バンドをやるために作ってる曲”っていうのがすごくデカいわけですよ。そう思わせるみんなっていうのは、ネガティヴにそう思わせてるのか、ポジティヴにそう思わせてるのか、っていうことじゃなくて、結局そう思わせてる。やっぱりバンドっていうのは相互的・総合的な才能というか、関係性の賜物なんだな、っていう風に見ると、美談のようにも思えますね。作ってる最中はムカついてるだけですけど(笑)」
宮部 「(笑)」
那倉 「『MAMA』はみんな別々のことをやってたけど、今回はみんなで曲をフォワードして、みんなで同じ音楽をやってる。だからといって単一的なものでもなくて、関係性の賜物だとは思うんですよね。だって、嫌だったらやらないですもんね」

――(笑)!まあ、やらないすね。
那倉 「僕もそれ、最近気付いたんですけどね(笑)。まず第一に、嫌だったらやらないはずなんだ、っていう。僕はもう、この人が作った曲だったら、とりあえずやります」
宮部 「(笑)。タイちゃん“ヴォーカリストになりたい”って言ってたもんね。1stの時はかなりタイちゃんも作曲に関わってたんですけど」
那倉 「だから『MAMA』には僕のテイストがかなり反映されてるんですけど、それは“ノイズをどう扱っていくか”という宣言として最初のブレンディングを示しただけで、途中から僕が曲をまとめることの限界が見えてきたし、バンドとしての関係が続く中で幸宜の能力に震えたというか。お願いします!みたいな(笑)。だから今回は、これは自惚れかもしれないですけど、やっぱり僕のことある程度見て曲作ってくれたんだなとは思いました(笑)」
宮部 「(苦笑)」
那倉 「より情動的になれって念じて作ってくれてるような気がしました(笑)。 あれ?思い込みかな?事実はもう、どっちでもいいや。そんな気がして、僕自身はヴォーカルとしてコミットしました」
宮部 「タイちゃんのパートで言えば、題名はいつもタイちゃんがつけるんですけど、今回かなり綺麗だと思いますよ。見てもらえると、何かストーリーがあるような、ないような、みたいな感じで、1曲1曲にイメージのヒントみたいなものをくれると思うんですよ。そうやって楽しんでもらうのもいいし、全然関係なく、わけわかんねー!っていうのも楽しいですけどね」

――悦生さんの小説も素晴らしいですしね。
那倉 「言葉と音楽の関係っていう僕たちの態度としては今回、どう思っているかを自分たちでも言えるようになってきたし、かなり表出できているとは思います。やっぱり情動を扱うヴォーカルのトップになりたいという欲望が僕にはすごくあるので、インプロ的なヴォーカルの技巧ではなくて、やっぱりエモーションを発露するためのヴォーカルにしたいんですよ。Mike Patton的なことじゃなくて、もう完全に“自分が泣くためのスキル”みたいなことですよね。だから言葉は題名くらいがちょうど良いんですよ。音楽って時間の芸術じゃないですか。幸宜の作曲法として、みんなが知ってる意匠とかメロディを少しずつ引き伸ばしたり、収縮させたりっていうのがあるんですけど、そこに言葉が入っちゃうとまた決定的に違うものとして捉えなおさなきゃいけない。言葉が時間を切ってしまう。だから僕らの間にはまだ、言葉を入れるロジックはないですね。日本語だと特にそうですね。それをある種、音楽の流れに対して淀みや違和感を残しつつ昇華しているのがenvyだと思うんですよ。パイオニアは良いですけど、その良いところを模倣するのはすごく困難です。流麗さは学べるけど、他人の淀みのアレンジなんて盗むのは難儀ですよね。流麗で、運びが良いと“オリジナルではない”っていうのはやっぱり偏見だと思いますよ。今回、流麗だけどオリジナリティのあるものを作りたかったというのはあります。やっぱり。そして勿論、快楽として機能しなきゃいけない。ノイズの特異性は、快楽の方向に対して疎いですよね」

――前回のインタビューで“日本人がやるストレンジな音楽が嫌い”とおっしゃっていましたけど。
那倉 「奇をてらわないっていうのは何かって言うと、やっぱり快楽だと思いましたね。動物化、ポルノ化に対しては自覚的でなければならないとは思いますが、単純に目の前にある楽曲を聴く楽しさ、そこに過剰な言葉はいらないと判断しました。まあ、いらないと思ったものから外していったということです」
宮部 「うん。音楽はそういう部分があるからこそ、ヒトラーみたいな、あんなものにも利用されたんじゃないかな。ワーグナーの音楽自体は素晴らしいじゃないですか。“すべての武器を楽器に”みたいな言葉もありますが、音楽だって武器になり得るんだから。それくらい意識してやらなきゃ。曲を作るとか、演奏するとかって、そういうことですよ。だって、洋楽が好きな人全員が英語を理解しているわけじゃないですよね?なのに邦楽よりも好きになっちゃう人もいる。そういう力が音楽にはあるんですよね」

1 2 3 4