ENDON

ENDON

――そういう、雑に言えば“キャッチーな音楽”を作ることに対して、責任は感じているんですか?
那倉 「罪なキャッチーさについて」
宮部 「キャッチーだとは僕も思いますし(笑)、そこはすごく意識して作ってるので、言われると嬉しいです。そこには別に使命感も責任感もないんですけど、単純に、これのほうがかっこよくない?っていう。ノイズバンドだからって、キメがあっちゃダメなんですか?とか、リフがあっちゃダメなの?とか」
那倉 「ノイズ・ミュージックはやってないですけど、やっぱりアイデンティティはノイズ・バンドなんですよね」
宮部 「だから、ノイズの人からも“これノイズじゃねーよ”って言われたいですね。じゃなきゃ新しくならない。僕らはノイズ・ミュージックも聴くけど、俺らがノイズじゃなきゃいけない必要はないです。フツーにENDONというバンドがやれれば。それで色んな人に楽しんでもらえるほうが良いです」
那倉 「それってバンド・ドリームなんじゃないですか?ヒップホップ・ドリームばっかりで、バンド・ドリームがあまりないですよね。BUMP OF CHICKEN的なロキノン・ドリームは別ですよ。そういうのはあるけど。うるさい音楽のドリームはないですよね。そのために、前のインタビューでも書いてくださったように“正解はあるというゲーム”という路線をかなり突き詰めた感じはしますね。より支配的な欲求を持ってそういう曲を作った」
宮部 「だって、ノイズもそうだし、テクノもある、何もある、もうすべてあるじゃないですか。コップ叩く音とか、玩具の音だけ聴いてる人すらいるわけじゃないですか。興味があるのは良いことですけど、そんなに色々あるんだから、もっと簡単でいいと思うんですよ。僕がやりたいのは“フェチじゃない”ってことかな。本当に」

――今だったら、それってフツーだと思うんですけどね。
宮部 「そうなんですよね……。やっぱり、環境が整い過ぎたんじゃないですか?“このジャンルはここに行けば聴ける”とか。そうじゃなくて、“このハコにこのバンドを観に行ったのに、なんかヘンなのが出てた”みたいな感じがいい(笑)」
那倉 「そういう意味で“Phantasmagoria”はすごく意欲的なイベントだったよね。良いイベントだった」
宮部 「パンクとかメタルとか聴いてる人たちが、ダンス・ミュージックを聴いてる人たちと同じフロアにいて、差別なく音楽を聴ける環境っていうのは良いよね」
那倉 「でもあのラインナップはけっこう差別的じゃね(笑)?差別的っていうか、良いものを定義していたというか。悪いものがなかった」
宮部 「いやでも、“これは良いな”と思ってもらえるものは、やらなきゃいけないんじゃない?聴いてもらうのってやっぱりすごく緊張するし」

――緊張しますか。
宮部 「しますよ。だってクソかもしれないじゃないですか(笑)」
那倉 「それはあるよね。ふと演奏中に思うよね(笑)」
宮部 「だって、オリジナルの曲なんですよ!?」
那倉 「そうそう。それ本当そう(笑)」
宮部 「ライヴやったりとか、恥ずかしいじゃないですか(笑)」
那倉 「全く恥ずかしい人間だね(笑)」
宮部 「だって僕、ギター背負って自分が歩いてることほど恥ずかしいことないですもん。なんで背負ってるんだろうなあ……って思いながら」

――ENDON……ヤバいですね(笑)。
宮部 「“ギター持ってる俺、かっこいい”はないですね」
那倉 「そういう人いるの?」
宮部 「いるんじゃねーかな!それが自然とできる人はめちゃくちゃかっこいいかもしれないですけど」
那倉 「そうだったらそりゃ、めちゃくちゃかっこいいね。Chuck Berryみたいにね、ギブソンのギターと櫛だけ持ってキャデラックで来て、演奏して、帰っていくみたいなね。それくらいだったらかっこいいよ」
宮部 「エフェクターが入ったバッグを持ってる時とか恥ずかしいっす。だってエフェクター入ってるんですよ!? でも、恥ずかしさに素直になったから、曲が単純で分かり易くなったのかもしれない」
那倉 「恥ずかしくないっていうか、“これでいい”って思えるっていうことだよね。それはある」
宮部 「そのへんの覚悟ができたのかもしれないです。恥ずかしくない、っていうか、どうせ恥ずかしいし(笑)」
那倉 「そうなんだよね、何がどう転んでも、どうせ恥ずかしい人間だから(笑)」

――えーっ……(笑)。
宮部 「だけど、バンドをやることに対しての恥ずかしさはないかもしれない。ENDONの曲を演奏するなら。だから僕は、ENDONの中で“楽器の役割”をやってるんですね」

――なるほど。ここまで輪郭が見えているものを作ってしまったら、次どうするのかな?っていうのも気になります。
宮部 「それは次を作りながら見えてくると思います。それくらい自然でありたいですね。色んな音楽を聴き続けて、消費し続けて、生活して。自分の生活が1年後にどうなっているかすら想像つかないじゃないですか。それと同じ感じでENDONもやれたら」
那倉 「それは危険だ(笑)」
宮部 「曲に関してはそれでよくない(笑)?自分が知らない、聴いたことがない音楽がやりたいですね」

ENDON official site | http://endon.figity.com/
M.A.S.F. | http://masf.figity.com/
SLAVE ARTS | https://twitter.com/slavearts
1 2 3 4