Kyoka

Kyoka

――以前よりも歌を歌らしく入れてるのが印象的だったのですが、それもキッチュさを保っている要因のひとつかもしれませんね。
 「歌を長くするのはずっとやってみたかったんですよ。前はもっとプチプチ切ってたんですけど。わたし……カラオケとか好きなんですね」

――えっ!カラオケで何歌うんですか??
 「それは内緒です!! まあ、元々歌うのは好きなんです。シンガーになりたいと思ったことはないですよ。人前でマイクを持って歌うっていう行為は、あっ、カラオケは別ですけどね(笑)、わたしは違うと思っていて、あくまで機械をいじっていたいんですけど。歌うの自体は好きだから、ちょっと今回は長めにしようと思ったんです」

――楽しんで歌えました?
 「はい(笑)。でもやっぱり、たくさん歌った中の使える部分だけですけどね。そのへんは変わらないんですけど。ちょん切るタイミングを前よりも長く取ったというだけで」

――歌が歌らしくなっていると同時に、自分の声を素材扱いする感覚もより強まってますよね。
 「そうですね。自分の声と向き合ったからかもしれないです(笑)。前は声を切ったら、曲に馴染み易いって自分でわかってるテンプレートみたいな、定番のEQとかエフェクトをすぐにかけちゃってたんですよ。今回はそのテンプレート以外を使おうと思って。どうやったら嫌味なく音として入れられるか、っていうことを考えました」

――Kyokaさんて喋り方も独特だと思うんですけど、それも素材として活かされている感じがしました。
 「喋り方か。たしかに。そうですね」

――言葉自体に内容はあるんですか?
 「相変わらずないです。テキトーです。スキャット」

――今回は歌が長めだから、何か意味を持たせてるのかな?と思っていました。
 「たぶん、わたしが作詞をやらないからだと思うんですけど、変に意味を持たせると曲自体が長生きしてくれない気がしていて。昔から人の曲を聴いていても、歌詞を音として聴いていることが多いんですけど、ごく稀に“この曲、この歌詞じゃなかったら好きなのにな”みたいなことってあるじゃないですか。曲と詞を分けてもらいたくなるんですよ。だから、“この曲も早死にするかもしれない……”って思うと、どうも歌詞に踏み込めなくて。曲がかわいそう」

――なるほど。たしかにそうですね。でも昨年は、泉まくらさんのトラック(*1)を作られていましたよね。
 「うん、自分で歌詞を付けるのは嫌だけど、あれはまくらさんが歌詞を作っているから。最初は、歌を入れる前にトラックだけ作るのってどうなんだろう?っていう、全貌が見えないが故の不安はあったんですよ。でも作って提出して、ラップが入ったものが戻ってきてみたら、ものすごく良くなっていて。だから、あの曲は特別ですね」
*1 『マイルーム・マイステージ』収録曲「Dance?」

――昨年は泉まくらさんのみならず、様々な方とコラボレートされていましたよね。木村カエラさんとか(*2)
 「そう!木村カエラさんとご一緒して勉強になったことは色々とあるんですけど、一番印象的だったのは、さっきもお話した“声”に関することですね。まず木村カエラさんと一緒にスタジオに入って、彼女の声を全部録音したんです。録音中は“ノリ易いから”っていうことで『iSH』の1曲目と2曲目に合わせて声を出してくれたんですよ。気を遣ってくださったんだと思うんですけど……。その声を持ち帰って短いトラックを作る時に、例の定番エフェクトが必要ないっていうことに気付いて。エフェクトをかけなくても、ちゃんと素材になっていたんですよ。出っ放しの声で他に何もいらないっていう。この人が歌手、ミュージシャンなのはそういうことなのか!ってびっくりしました」
*2 J-WAVE(81.3MHz)の25周年企画として、25秒のスペシャル・ジングルを木村カエラと共作。2013年11月5日から12月31日までオンエア。

――ミュージシャンといえば、アルバムにはSeikiさん(COCOBAT)とMike Wattさん(THE MINUTEMEN, THE STOOGES)のお名前がクレジットされていますね。
 「面々がロックですよね(笑)。これは昔、Mikeさんが日本に来た時に、Seikiさんの都合も合うタイミングで、お願いして2人でスタジオに入っていただいて。ギターとベースで何時間かずっとセッションしてもらって、それを知り合いのエンジニアさんにパラで録音してもらったものなんですよ。2人のセッションから合いそうな部分を探して、切って組み合わせて使ってるんです」

――このお2人のセッション音源というだけでも貴重ですよね。
 「クレジットすれば、永遠にそれを自由に使っていいという権限をわたしは持ってるんですよ(ガッツポーズ)。だからこの組み合わせはわたしの曲でしょっちゅう出てきますよ。やっぱりロックの人たちって、楽器に力を持っているんですよ。演奏に力があるというか。理論だけでは測れない何かを持っているんですよね。そういう力を借りたい時にサンプルします」

――Kyokaさんがご自身で楽器を演奏してみることは?
 「昔やってみたことはあるんですけど、相当編集が必要だし、やっぱり向いてないみたいで。餅は餅屋に、みたいな考えです(笑)。プロには敵わないです」

Kyoka
photo ©Ryo Mitamura 三田村 亮

――今回はラップのパートもありますけど、あれもどなたか参加されているのでしょうか。
 「あれは全部フリー・サンプルなんですよ(笑)。シーケンサーとか買うとフリー・サンプルCDがついてくるじゃないですか。プロデューサーのFrank Bretschneiderが、それを機材を初めて買った時から全部アーカイヴしてるんですよ。人生においてもらえたすべてのフリー・サンプルを」

――あたまおかしいですね(笑)。
 「おかしいですよね。良い意味ですよ。最高の褒め言葉の意味ですよ(笑)。“こんなによく集めたね”って言ったら、“俺が昔ヲタだった時に全部整理しちゃったんだ”ってちょっと照れながら教えてくれましたけど(笑)。その後ART OF NOISEが全部フリー・サンプルを使って作った曲を聴かされて、それまでフリー・サンプルに全く興味がなかったのにあっさり説得されちゃったんですよ。フリー・サンプルを使うのに抵抗がある人って世の中にたくさんいると思うから、“もう、いいかな”って(笑)」

――かなり思い切り、長尺で使ってますよね。
 「うん、むしろ主人公(笑)。“どれ入れる?”ってFrankのフリー・サンプル宝庫から当てはめていって、あのラップが出てきた瞬間2人で大爆笑したんですよ。(笑)」

――(笑)。フリー・サンプルは他の曲でも使っているんですか?
 「5ヶ所くらいかな?使ってます。11曲目も最初はフリー・サンプルの女の人の声を入れてたんですけど、この曲でわたしFrankと闘っちゃって」

――闘い?
 「そのフリー・サンプルの声がわたしの声と似てたから、みんなに“おっ、これKyokaか”って言われて。この先それ何回も言われるの嫌だから、声が似てるなら歌っちゃおう!と思って。この曲ではフリー・サンプルのモノマネをしてるわたしの声を使ってるんですよ(笑)」

1 2 3 4