ASUNA

ASUNA

積み重ねるというよりは、遡ってゆく感覚

 オルガン、ギター、ミニ・キーボードといった生楽器、ローファイ玩具やジャンク品、サンプラー、PCまで、様々な素材を楽器として創作の現場に投入し、煌くエレクトロニクスから牧歌的なトイ・ミュージック、深遠なるドローンまで多彩なスタイルを聴かせる石川・金沢のクリエイター、ASUNA。ソロワークのみならず、安永哲郎(minamo)や飛田左起代(the medium necks)、Jeff Fuccillo、Jason Funk(IRVING KLAW TRIO)と組むアヴァン・ロック・バンド“HELLL”をはじめとする数多くのコラボレート・ワークも展開し、『Casiotone Compilation』シリーズでおなじみの8cmCD専門レーベル「aotoao」や、加藤りま作品などをリリースするカセットテープ専門レーベル「WFTTapes」も運営する才人が、2013年のレコード・デビュー10周年を経て新作『Aihara 1825, City Heim Kiri B-207』をリリース。南波一海がマスタリングを担当した2008年の『THIS』以来5年ぶりの同作は、前作同様2CDの大作。10周年に相応しく、これまでに見せた要素を踏まえながらも新たな側面を導き出した仕上がりです。作品について、10年の歩みを振り返りつつ語っていただきました。

取材・文 | 久保田千史 | 2013年9月

――『Aihara~』は『THIS』(2008, HEADZ)以来5年ぶりの新作ですよね。
 「何もしていなかったわけじゃないんですけど、気付いたら5年間何も出てなかったんですよね」

――全然、止まっていた印象はないですけどね。
 「そうですね。佐藤 実 -m/sさんやshibataさん、畠山地平さんとの共作アルバムとか、GofishやAndy C. Jenkinsのアルバムに参加したり、海外へのツアーもたくさんあったし、レーベルもやってるので。忙しかったわりにソロはずっと出ていなかった、みたいな感じですね。だから、自分でも“もう5年も出てないんだ”って思いました」

――活動10年目ということなので、折り返し地点?からの集大成という感じですよね。
 「いや、ASUNAとして今のような音楽を始めてからはもう16年目くらいで、Lucky Kitchenからの1stアルバム『Organ Leaf』のリリースから10周年ということなんです。自主でリリースしていた『Each Organ』(円盤より2013年にオフィシャル・リイシュー)を最初とすると11年目だったりするんですけど」

――ご自身では、10年の間に音楽的な部分で何が一番変わったと思われますか?
 「特に何かが変わったという感じはないですね。今回のアルバムには高校生の時に録った音源も使ってるくらいなので。リード・オルガンと電子音響のドローンが主軸だった『Organ Leaf』の後、ギターやクラリネットなど器楽演奏を中心にまとめた『Room Note』(2006, Power Shovel Audio)を出した時に、周りから“変わった” みたいなことを言われたりもしたんですけど、でも実際の録音は両方とも同時期だったりして。10代の頃は初期のBOREDOMSとかBUTTHOLE SURFERSみたいなジャンク / ハードコアなバンドをやりながら実験的な電子音響とかミニマルやローファイ、現地録音とか、なんでも等価に大好きだったので、衝動でがんがん録音するにせよ、時間をかけてゆっくり練り上げて録音するにせよ、アイディアを形にするためには楽器や音楽性だとかはあまり考えてなくて。ローファイなオモチャとかコンピュータの電子音を使うのも同じ感覚で遊びながら鳴らして作ってるだけなんです。それらの録音物をアルバムとしてまとめる時に、作品のアイディアやコンセプトごとに録音したものの中から拾い集めてくるので、アルバムごとに違う印象に見えるかもしれないけど、方法論が違うだけでどれも自分の音楽として作品に一貫した特徴があるのは聴いてもらえればわかると思います」

ASUNA

――このアルバムは、その“変わった”と言われていたようなポイントが全部入っているまとめ方ですよね。
 「そうですね。10年前『Organ Leaf』のリリースの頃とは違って、ここ数年で急に世界中で隆盛してきた安易なドローン / アンビエントに辟易していて、新しい地平を探るために断続音の生演奏を100トラック重ねて制作した曲とか(“Intermittent Note, 99 Tones, 46 Keyboards.”)、10年以上前から断続的にアナログ・シンセだけで制作していた曲も溜まっていたので、それをまとめた曲とか(“Sewing Grid Steps, 19 C Patterns, 2 Blue Synths.”)、コンピュータ、オモチャ、ギター、オルガン、環境音などあらゆる楽器 / 音響で録り溜めていた30以上の小曲をひとつの物語として流れを形作って制作した楽曲(“Mountain Between Ice Cream from 30 Room Notes.”)とか、他のアルバムとは違う方法論で制作したものばかりですね」

――これまでも見せてきた要素を単純に並べるのではなく、組み合わせや聴かせ方で全く新しいものに作り変えているような印象を受けたのですが、いかがでしょう。
 「曲ごとのアイディアや方法論など常にバラバラなものが同時にたくさん存在していて。それが5年間溜まっていたので、その分がっつりしたアルバムができたかな、とは思います」

1 2