EARTH CRISIS

EARTH CRISIS, 2009

A quick guide for finding xVx

Hiroyuki 168 aka GODNA | LOYAL TO THE GRAVE / Retribution Network

[V] CONVICTION『Kill It』 Thorp Records, 2001
[E] TALISMAN『demo』 1995
[G] ANOTHER VICTIM『A Bitter End』 Closed Casket Activities, 2009
[A] CONTEMPT『Early Years』
[N] xEDGEx『Man In Black』 Four Rivers Media, 2008

[V]CONVICTIONのディスコグラフィCD。とにかく重い、EARTH CRISISに最も影響を及ぼしたJim Wintersが在籍するバンド。Old 2 Newなサウンドが素晴らしいです。[E]TALISMANのデモテープ。シラキュースのGATEKEEPERとUxS HARDLINE、そしてUNBORN / STATEMENTのメンバーがプロジェクトでリリースした音源。DAY OF SUFFERINGばりにメタリックかつ厳格なサウンド。[G]ANOTHER VICTIM待望の完全ディスコグラフィ。シラキュースにCTHC / NYHCの極悪テイストを加えたBrutal Moshyなスタイル。[A]50枚限定、NYのCONTEMPT初期ディスコグラフィ。デモ、コンピ、リミックスなど多数収録。EARTH CRISISと同じくメタリックで冷たいサウンド![N]最後はxEDGEx!ex-SENTIENT、VEGAN REICH、SEVEN GENERATIONSのメンバーでもあるJohnがラップ・アーティストとしてリリースした1st CD!ハードコア、ヒップホップからレゲエに至るまでトータルでドープなサウンド!

Koba 168 | BIRTHPLACE, LOYAL TO THE GRAVE, UNBOY / Militia inc.

[V] EARTH CRISIS『Forever True』 Victory Records, 2001
[E] GREEN RAGE『Disinfect』 Reflection Records, 1993
[G] DAY OF SUFFERING『Eternal Jihad』 Catalyst Records, 1997
[A] MAROON『Antagonist』 Catalyst Records, 2002
[N] NUEVA ETICA『3L1T3』 Drastic Actions, 2007

[V]90年代ニュースクール、ヴィーガンSxEを世に知らしめた生き伝説のベスト盤。今回の新譜でExCの虜になったkidsがいれば、ここからDigってみては?![E]ExCなど多くのバンドを生んだシラキュースNYの元祖アンガー。終始怒り狂い過ぎ。[G]あのHEAVEN SHALL BURNが、今でもフェイヴァリットに挙げるニュースクール重要バンド。[A]MORNING AGAIN直系過ぎるサウンドと、CANONのカバーに話題集中。新譜『ORDER』も要チェック。[N]South American Mosh Machine、奇跡的来日(5月9日 @東京・初台 WALL)。

Ho Lee Kwen | emu, EVERLAST, UNBOY / Canvas zin

[V] EARTH CRISIS『Destroy The Machines』 Victory Records, 1995
[E] POINT OF NO RETURN『Sparks』 Liberation, 2000
[G] SHOREBREAK『Path Of Survival』 Good Life Recordings, 1998
[A] DRIVEN『Cowardice Consumer Of The West』 Good Life Recordings, 1999
[N] CHOKEHOLD『Content With Dying』 The Great American Steak Religion / Bloodlink Records, 1995

[V]朝からビーフで有名なアメリカでヴィーガンSxEをしていたこと自体が素晴らしい。当時PANTERAよりヘヴィだと思いました。初めて聴いたヴィーガンSxE。[E]シュラスコで有名なブラジルでヴィーガンSxEをしていたこと自体が素晴らしい。Catalyst Recordsならではのショボサから一転。MERAUDERばりの攻撃力とトリプル・ヴォーカルがツボ![G]闘牛やイベリコ豚で有名なスペインでヴィーガンSxEをしていたこと自体が素晴らしい。SHAI HULUDやMORNING AGAINのファンもいけるだろう。速いが極めてニュースクール![A]マリワナOKで有名なオランダでヴィーガンSxEをしていたこと自体が素晴らしい。圧倒的にオリジナルなハードコアサウンド。単音で攻め立てるドラマチックな展開が幸せにさせてくれる。[N]留学のメッカとして有名なカナダでヴィーガンSxEをしていたこと自体が素晴らしい。これぞアンガー・ニュースクール。怒りをぶちまけたボーカルとチュガチュガモッシュパートが留学生活をエンジョイさせる。

タナカヒロシ aka Dr. Doom | Doom Patrol Foundation

[V] EARTH CRISIS『Destroy The Machines』 Victory Records, 1995
[E] CULTURE『Heteronome』 Good Life Recordings, 1997
[G] SOULSTICE『Raze The Earth』 Lifeforce Records, 1997
[A] ANCHOR『The Quiet Dance』 Catalyst Records, 2008
[N] PRAYER FOR CLEANSING『The Rain In Endless Fall』 Tribunal Records, 1999

[V]EARTH CRISISはすべての音源がマストだと思ってますが、あえて1枚選ぶとしたら最も衝撃受けた1stアルバムを。ヘヴィの意味を、この作品の1曲目「Forced March」が教えてくれます。[E]MORNING AGAIN、SHAI HULUD、AS FRIENDS RUSTなどを転々としたカリスマ・ヴォーカリストと言えばDamien Moyal。Damienと言えばCULTURE。CULTUREと言えば、実はこのラストEPが最も狂ってます。[G]EARTH CRISISと同じく、シラキュース・シーンで重要なバンド。マシーナリーで硬質なギターがまさにシラキュース・サウンドですが、リズムが軽快なので意外とキャッチー。っていうか踊れます。[A]スウェーデンの現役若手バンド。90年代中期、REFUSEDやABHINANDAが、アメリカのVictory Records、New Age Recordsのバンドの影響を受けていたように、彼らは今まさにそれを再現してます。[N]BETWEEN THE BURIED AND MEのメンバーが以前やっていたバンドです。ほぼメロデスな音楽性のニュースクール・バンドは決して少なくないですが、どれもこのバンドのレベルには達してません。

久保田千史 | clinamina

[V] ABNEGATION『Verses Of The Bleeding』 Good Life Recordings, 1997
[E] CANVAS『Lost In Rock』 Household Name Records, 2000
[G] EIGHTEEN VISIONS『Lifeless』 Life Sentence Records, 1997
[A] CHOKEHOLD『Content With Dying』 The Great American Steak Religion / Bloodlink Records, 1995
[N] BURN IT DOWN『Burn It Down』 Uprising Records, 1997

異なるジャンルに繋がるものを選んでみました。[V]後にCREATION IS CRUCIFIXONでテック・グラインドの先鞭を付けたメンバーが在籍。本作では“サタンはドラッグ・フリー”と歌うブラックメタル・テイストを投入し、VENOMカヴァーもハマってます。[E]HUMANFLYでポストISIS的新世代英国エクスペリメンタル・ヘヴィロックの一端を担うメンバーが在籍。アブストラクトなアートワークも先見の明あり。[G]言わずと知れた人気バンドも激烈xVxでした。[A]RAMMERでロウ・スラッシュメタルの新時代を切り拓いたメンバーが在籍。[N]エピック・ドゥーマーTHE GATES OF SLUMBERの一員として活躍するメンバーが在籍。