Asakusa Deathfest

Asakusa Deathfest 2016

CARNATION / RUDE / SKELETAL REMAINS

 これまでにAGATHOCLESやASUNDER、INCANTATION、NOOTHGRUSH、NUNSLAUGHTER、WORSHIPといった死ぬまでに一度は観てみたい海外のレジェンドを含む面々を招き、古き佳き東京が薫る街・浅草にて開催されてきたエクストリーム・ミュージックのライヴ・シリーズ“Asakusa Extreme”。今年もACxDCやWAR MASTERが出演を果たした同イベントのみならず、近年はスケート・カルチャーとの融合を図る“Grind Fest”もスタートさせている関根成年氏(C.S.S.O.~BUTCHER ABC)主宰レーベルObliteration Recordsが、初のフェス形式イベント“Asakusa Deathfest 2016”を10月29日、30日の2日間に亘り浅草 KURAWOOD(現Gold Sounds)にて開催。日本からはABIGAIL、ANATOMIA、COFFINS、DEADLY SPAWN、F.I.D.、NECROPHILE、SEX MESSIAHら国内に留まらず世界的に支持される精鋭陣が参加。インドネシアからHELLUCINATEとDEADSQUAD、タイからはSHAMBLES、ベルギーからCARNATION、ルクセンブルクからSCARRED、そしてUSからRUDEとSKELETAL REMAINSが参戦し、さながらデスメタル・オリンピックの様相。メタルというカルチャーならではのユナイト精神と浅草の空気との相乗効果でファンのみならず楽しめる空間となっただけではなく、主催の関根氏が「世界で今起こっているデスメタル・シーンの有名無名、関係なく旬なバンドが出演するのが浅草デスフェストです。SKELETAL REMAINSは見てもらった人には納得のハイレベルな演奏、楽曲のクオリティ。彼らはまだ有名ではありませんが、これからどんどん活躍して行くことが予想できるバンドですよね」と語るように、大会場だけに良質な音楽が存在するわけではないという事実を証明する内容ともなりました。

 関根氏はイベント終了後に「今回は1回目という事で集客が良くなかったのが残念です。知られていないけど素晴らしいデスメタル・バンドは沢山いるので、もっと多くの人に観てもらいたいです。来年また同じ場所で出来たら良いと思ってます」とコメント。次回開催への意欲を見せています。本稿では、海外ヘッドライナー3組、CARNATION、RUDE、SKELETAL REMAINSのショート・インタビューをおたのしみください。


取材・文 | 久保田千史 | 2016年11月
通訳 (thanks!) | Kaori Gutunlama (ANATOMIA)

CARNATION
 ベルギーからやってきたCARNATIONは、2013年結成。昨年独Final Gate RecordsからリリースされたEP『Cemetery of the Insane』で注目を浴びています。BOLT THROWERやBENEDICTIONといったUKレジェンドやDISMEMBER、CARNAGEなどを想起させるユーロ・オールドスクールなサウンドが魅力で、ライヴのハイライトにBOLT THROWER「Cenotaph」のカヴァーを持ってくるセンスは10代のメンバーを含む新鋭とは思えません。しかし隠し味程度にINVOCATOR的モダンな要素が加味された佇まいと、さすがH8000ハードコアのお膝元!と膝を打ちたくなる圧巻のブルータルなライヴ・パフォーマンスはやはり勢い溢れる現行バンド。メンバー全員が同席したインタビューでは主に、ステージでの凶暴さがウソのように穏やかなフロントマン・Simon Duson氏が答えてくれました。

――BOLT THROWERとかDEMOLITION HAMMERとか、皆さんが着ているTシャツからしてすでにオールドスクールへの愛が感じられますね。
 「そうですね(笑)。基本的にはオールドスクールのデスメタルが好きなんですけど、1980年代のスラッシュメタルも好きです」

――でも、皆さんお若いですよね。今お幾つくらいなんですか?
 「メンバーの大半が20代前半です。18歳のメンバーもいます」

――18歳!めっちゃ若いですね。そうするとやはり、オールドスクールのデスメタルやスラッシュメタルは全然、リアルタイムで聴いていたわけではないですよね。
 「もちろん。完全に後追いです」

――どうやってそういったものを知っていったのでしょうか。
 「きっかけは伯父さんが聴かせてくれたIRON MAIDENでした。そこからもっと知りたくなって掘り下げてゆく中で、デスメタルを見つけたんです」

――それが皆さんのやりたいことにフィットしたというわけですね。
 「その通りです」

――ディグってゆく中で、日本の音楽に出会うことはありましたか?
 「何年か前にCOFFINSがベルギーでプレイしたんですけど、それはもちろん観に行きました。それからもっと古い、Xもすごくかっこいいと思います」

――へえ!
 「僕たちとは全然違うスタイルですけどね。できるだけ広い視野で、様々な音楽に触れていたいんです」

――たしかにCARNATIONの音楽は、オールドスクール・デスメタルの一言では片付けられない部分がたくさんありますよね。
 「そうですね。ベーシックにオールドスクール・デスメタルがあるのは間違いないんですけど、例えばベルギーのバンドで言えばABORTEDみたいにモダンなサウンドも好んで聴いているので、そういった影響は少しずつ出ていると思います(*)」
* ライヴ後にはTHE SECRETのTシャツを着ていました。

――初めての日本はいかがですか?
 「人も街も、ライヴ会場も最高ですね。初めての経験にとても興奮しています。嬉しいです」

CARNATION official site | http://www.obliteration.jp/
1 2 3