COFFINS

COFFINS

Nine Cocoons Of Dens To F 東京篇

 熾烈を極めた1990年代関西のピットより現れメタリックなモッシュコアの重鎮として君臨しながらも、当初からの異端ぶりを徐々に拡張しつつ減速し、クラスティなムードも薫るブルータル・エピック・ドゥームへと進化した大阪のSECOND TO NONEと、世界を股にかけた活動でHOODED MENACE、SEVEN SISTERS OF SLEEPら後進からのプロップスも厚い東京の当代オールドスクール・ドゥームデス巨人COFFINSが、両雄のアナグラム(字余り)を冠したヘヴィウェイト・スプリット作『Nine Cocoons Of Dens To F』を2月21日にリリース。出自 / スタイルは異なれど、ドゥーム / スラッジを軸に暗黒面で通低するトータル・ダークネスのマスターピースとなっています。同作について、双方に95%同内容の質問状でお話を伺いました。

 本稿“東京篇”では、ファウンダーUchino氏(g, vo / 以下 U)、同氏とはOOZEPUSでも活動するSatoshi氏(dr / 以下 S)、SUPER STRUCTURE、WEEPRAY、WOUNDEEPでのプレイでも知られるAtake氏(b, vo / 以下 A)、ヴォーカリスト・Tokita氏(以下 T)のCOFFINSフルメンバーにお答えいただいています。


取材・文 | 久保田千史 | 2018年2月


see also SECOND TO NONE | Nine Cocoons Of Dens To F 大阪篇

――まず人的な接点を教えてください!かねてより交流があったのでしょうか。
U 「SECOND TO NONEという名前はもちろん知ってましたが、バンドとしての交流はそれまでほとんどなかったんですよ。個人的にメンバーを知ってたりはしたんですが、実は対バンも数回くらいで」
T 「すごく好きなバンドで、音源はずっと聴いてましたけど、交流は本当に最近になってからのことですね」
S 「初めて知ったのは2009年のデモで、自分がCOFFINSに入って初めて対バンしたのが2012年7月のBUSHBASH(東京・小岩)でした。交流自体は全くなかったですが、アタケさんが入ってから急速に深まりましたね」
A 「COFFINS加入前にハードコアのバンドをやっていて、1度対バンしたことあるんですが、大先輩でしたので当時は挨拶させてもらう程度でした。怖かったので(笑)」

――音楽の好みに関する接点はたくさんありそうです。例えばWINTER。COFFINSはWINTERウォーシップを公言していますし、SECOND TO NONEはカヴァーもしています。でもそれぞれ影響を受けたポイントが微妙に異なる気がするので、WINTER持論を聞かせてください!
U 「そもそもCOFFINSはWINTER好きが高じて今の形で再スタートしたようなもんなので、何から話せばいいのやら(笑)」
A 「あのBPMというか、演奏はかっちりしてないんだけど奇妙なグルーヴが出過ぎてて、“これ踊れるじゃん”ていうとこからハマってしまいました。所謂メタリック・ハードコア的な解釈で聴き出した感じで」
T 「デスメタルとか聴き始めた頃に出会ったんですが、最初は全く好きじゃなかったです。ドゥームメタルとかスラッジコアとか、それこそSECOND TO NONEを経てハマっていった感じで。好きなポイントは、ドス黒いんじゃなくてカビくさい感じ、アタケさんが言うように音やリズムが揺れて出てるグルーヴ、ボーカルの声と歌い回し、などですね」
S 「COFFINSに入る前はスラッジやドゥームが好きで色々掘っていて、WINTERを初めて知ったのは『ヘヴィメタル / ハードロックCDガイド』(シンコー・ミュージック)でした。元々HELLHAMMER / CELTIC FROSTが大好きだったので、すぐに好きになりましたね。カルト的な存在でした」
U 「そうなんだよね。遅いバンドって当時も結構いたりしたんですけど、やっぱりBLACK SABBATH以降のドゥーム要素を多分に持ったバンドが多かった中で、WINTERって完全にHELLHAMMER / CELTIC FROST系統で。そのリフをあの激遅スピードでやっちゃう発想か、そこに辿り着いた経緯とか、そういう怪しい魅力が満載というか。デモからアルバムへの過程でチューニングを更に下げるというわけのわからなさだし、音源でギターも重ねてないしね。変態すぎて最高です(笑)」

――BOLT THROWER観を教えてください。COFFINSは今回、「Impuritious Minds」でWINTER感 + 半減速ボルトスロウィングを極めていますよね。
U 「BOLT THROWERはデスメタルの完成形のひとつだと思います。真似をしようとしても、あの音にしかならない。一回そんなような曲を書いてスタジオで皆で合わせたんだけど、もうそれ以外の何者でもなかったのでやめました。別のインタビューでもちょっと話したんですけど、実はこの2曲はそもそもスプリット用ではなく次のアルバム用に書いた曲なんです。ニューアルバムはちょっとUK的な要素やステンチ・デスメタルなドゥーミィな雰囲気を盛り込むという意図があったりするので、その辺が特に“Impuritious Minds”には色濃く出てるのかなと思います」
A 「あのバンドはほんと不思議で、話すと長くなるので割愛しますけど、メタリックなハードコア・バンドにも影響与えてるし、BOLT THROWERはBOLT THROWERなんですよね。イギリスなんです。イギリス」
T 「そういう所謂メタリック・ハードコアとステンチな方面、両方に繋がるのも面白いですよね。ちなみに僕はアルバムだと『War Master』が一番好きです」
U 「NAUSEA発信のWINTERもそうですけど、BOLT THROWERも下地にクラスト / ハードコアがあって、最終的に音があのデスメタリックな形へ深化していってるのが面白いし、雰囲気あってすごくいいな、って思います。ちなみにオレは『…For Victory』が好き(笑)」
A 「ぶっちぎりで『The IVth Crusade』ですね!」
S 「自分も『The IVth Crusade』が好きです(笑)!」

Nine Cocoons Of Dens To F
COFFINS / SECOND TO NONE ‘Nine Cocoons Of Dens To F’ 2018

――大まかに、COFFINSはHELLHAMMER、SECOND TO NONEはCELTIC FROSTという感じで捉えているのですが、いかがでしょう。
T 「ラフなHELLHAMMERと構築された荘厳のCELTIC FROST、という見方でいけばそうなると思います。CELTIC FROSTは凄くモッシーですし」
A 「COFFINSの出発点まさにそこなので、そのまんまですね。SECOND TO NONEの方はわかりませんが、CELTIC FROSTではなくNYHCやメタリック・ハードコアなのではないかと」

――大まかに、COFFINSはPROPHECY OF DOOM、SECOND TO NONEはAXEGRINDERという感じで捉えているのですが、いかがでしょう。
T 「前の質問と同じで、ラフと荘厳の対比で言えばそうかもしれないです。実際のところウチはPROPHECY OF DOOM感はそんなにないと思いますけど(笑)」
U 「デスメタリック感って意味ではAXEGRINDERよりPROPHECY OF DOOMのほうが確かに高いかもね。そう捉えると確かに言い得て妙かもしれないですね」

――あまり関係ないかもしれないけれど、CROWBARはアリですか?ナシですか?
U 「2ndは今でも聴いたりします。たま~に(笑)。 昔にスラッジ・バンドをやってた当時、EYEHATEGOD以下そっち系バンドにアンテナ張って、CROWBARもチェックしてたのが懐かしいです。まさか4年前の“Maryland Deathfest”で対バンすることになるとは思ってなかったですが(笑)」
T 「正直思い入れはないですが、ライヴがかっこよかったのでアリです(笑)」
A 「個人的に1stと2ndはよく聴いてました。好きですよ」

――興味深いと感じているのは、ざっくりメタルとして認知されているCOFFINSよりも、ざっくりハードコア・パンクとして認知されているSECOND TO NONEのほうが多分にエピックなメロディを含んでいるということです。PARADISE LOSTとSOLSTICE(UK)だったら、どちらのほうがSECOND TO NONEの肌感覚に近いと思われますか?
A 「PARADISE LOSTだと思います断然」
U 「オールドスクール・ゴシックメタル感はすごく感じるしね」

1 2