Gofish / テライショウタ

Gofish / photo ©Chifumi Kubota 久保田千史

単純に音楽が好きなだけ

 愛知・名古屋を拠点に活動するGofishことテライショウタが、2009年の2ndアルバム『あたまのうえ』以来となる新作『とてもいいこと』を10月にリリース。森閑としながら存在感を主張するアトモスフィアの中で紡がれる歌声は、稲田 誠(cb / ブラジル, PAAP, SUSPIRIA)、黒田誠二郎(vc / ゆすらご, 細胞文学)、山本達久(dr)、ASUNA(org)といった個性的なプレイヤー陣との時間の共有を経て、これまで以上の奥行きを感じさせるものへと深化しています。名古屋産異形ハードコアパンク・バンドNICE VIEWのシンガーとしても活躍する氏に、Gofishの成り立ちと新作までの道程、NICE VIEWとの関係についてお話を伺いました。

取材・文・撮影 | 久保田千史 | 2012年10月

――Gofish以前からNICE VIEWのシンガーとして活動されていたわけですが、Gofishを始めるきっかけは何だったのでしょうか。
 「NICE VIEWとGofish、あまり自分の中では関係性のないものなんです。たまたまできるタイミングがNICE VIEWが先でGofishが後だったっていうだけなんですよね」

――Gofishでやられているような歌ものも、ハードコアも、元々両方お好きだったんですね。
 「そうですね。歌ものは昔から好きでしたし、ずっとやりたい思ってはいたんですけど、なかなか曲ができなくて。ぽろっと曲できるようになった時がGofishの始まりですね」

――リスナーとして聴く分にも、ハードコアより歌ものの方が先だったわけですよね。幼い頃に聴いていたものとか。
 「そうですね。遡ればそうなっていくんだと思います。80年代ですよね。まあ普通に歌謡曲だったりとか、親が聴いているものだったりとか」

――ご両親も音楽がお好きだったんですか?
 「いやっ、普通だったと思います。特別レコードマニアとかそういうんじゃなくて。Richard Clayderman、Paul Mauriatとか、そういうムード音楽はよく聴いてたかな。Harry Belafonte、THE BEATLESとか。その当時流行ってた洋楽っていうのかな。特別変わったものはなかったですね。あとは美空ひばり、森山良子とか……普通過ぎる感じですよ(笑)」

――ご自身のリアルタイムでは?
 「“アメリカン・トップ40”をラジオで聴いて、レコードをレンタルして聴いてました。“洋楽”って感じですね。田舎だったから、とんちんかんなセレクションしてて。MTVがちょうど出てきた頃だったから、Peter Wolfとか、Daryl Hall & John Oatesを聴いたり。THE GRATEFUL DEADもMTVに出ていたので、全然わけもわからず聴いてましたし。めちゃくちゃというか、とりとめがないというか。ザ・中学生って感じ(笑)。あとは普通にBOØWY、REBECCAとか。でもやっぱりメタルを聴いたらメタルにハマりましたね。中学生の頃にAC/DC、とかガンズ(GUNS N’ ROSES)が好きになって。AC/DCが一番好きだったかもしれない。そこからスラッシュメタルが好きになって、その後に速いつながりでハードコアが好きになって。そこからパンクに行った感じですね」

Gofish / photo ©Chifumi Kubota 久保田千史

――パンクが好きになった頃も、並行して歌ものも聴かれていたのですか?
 「その頃はそういう激しいのばっかりでしたね。パンクは最初、下手だから嫌だと思って好きにならなかったんですよ。だからパンクより先にハードコアが好きになって。最初はやっぱりクロスオーヴァーもの、D.R.I.とかが好きになって。『BURRN!』買ってました?『BURRN!』のレビューにもたまにハードコアが載るじゃないですか。それをすごいチェックしてました」

――あ~、点数が低いやつってことですよね。
 「そうそう(笑)。HERESYとか。CONCRETE SOXとか。その辺りから“ハードコア”っていう単語が気になってきたんですよね。ジャケットもメタルとは全然雰囲気が違うし、こっちの方がかっこいいな、って思い始めたんです。そこから日本のバンド、リップ(LIP CREAM)とか、SxOxBなんかも聴くようになって。コピーをやるにしても、メタルって難しいから、ハードコアの方がやり易いじゃないですか。そういう感じで」

――そこから、また歌ものに目覚めるきっかけは何だったんですか?
 「高校生の終わりくらいから、グランジを通ってNeil Youngを聴くようになって。コピーしたり」

――ハードコアも並行しつつ?
 「そうですね、ちょうどハードコアのバンドを始めてた頃ですね。18歳とか、そのくらいかな。あ、あとガンズの『GN’R Lies』っていうアコースティックのアルバムがあるんですけど、それを聴いてアコギをやり始めたんですよ。“Patience”っていう曲がすごく良んですよね」

――確かに良い曲ですけど、そうなんですね……。ハードコアが好きで、しかも10代って、そういう、所謂コマーシャルなものを排除しがちじゃないですか?
 「本当かなあ(笑)。俺そういうの、拘りがなくて。今でもないけど」

――Gofishの原点はガンズ……。
 「いやいや、そんなこともないんですけど(笑)。原点と言われると分からないですね。ポヤ~ンと形作られていったようなものだと思います」

――Gofishを聴いていると、ちょっと“シティ”を感じる時があるんですね。それはやっぱり多感な時期を80sに過ごしたことが関係しているんでしょうか?細野(晴臣)さんと比較するレビューも時折見られますよね。
 「それはもう、80sはどっぷりだったから、細野さんとかは好きですよね」