Dennis Bovell

Dennis Bovell

おもしろそうだったから常にスタジオ

 ラヴァーズ・ロックの祖、英国きってのダブ・マイスターにして、ベース・プレイヤーとしても名高いレジェンドDennis Bovell。最先端のレコーディング・エンジニアとして1970~80年代の音楽に絶大なる影響を及ぼした偉大な存在が、還暦を前に久々のソロ・アルバム『Mek It Run』をPete Holdsworth(LONDON UNDERGROUND)が主宰する英レーベル「Pressure Sounds」よりリリース。Angus Gaye(ASWAD)、Henry Tenyue、I Roy、Jah Bunny、John Kpiaye(MATUMBI)、Patrick Anthony、Richie Stevens、Style Scott(CREATION REBEL, DUB SYNDICATE, NEW AGE STEPPERS ほか)、Tony Gad(ASWAD)ら豪華ゲスト・プレイヤーを迎えた同作は、首の故障のためベースをプレイできなくなったBovellが、その鬱憤を晴らすべく1978~86年に録音した音源を発掘し、Mad Professorが運営する「Ariwa Sounds Studio」にて近代機材を用いて新たにダブ・ミックスを施した、レア・トラックスと最新作の特性を併せ持つ作品。ヴィンテージのドキドキ感とモダンなフレッシュ感が同居し、かつ名匠ならではのテクニックも光る内容となっています。作品と録音当時の様子について、Blackbeardにメールでお話を伺いました。

取材・文 | 久保田千史 | 2012年7月
翻訳 (thanks!) | 浜本啓佑

――首の手術をされたとのことですが、どんな病状だったのですか?
 「ステージで倒れて、風呂でも倒れて、右手の指が動かなくなったんだ。その麻痺の原因だった首の神経を治すために手術をしたよ」

――術後の経過はいかがですか?もうベースは弾ける?
 「今はまた弾いているよ」

――今回の作品の元となっている70~80年代の作品は、これまで聴き直したことはなかったのでしょうか。再び聴いてみて、どう思われましたか?
 「アルバムのミックスをするまでは、聴き直さなかったね。この作品がなかなか良いって気づいたのは、Mad Professorのスタジオでマスターテープができてからだよ」

――I Royをはじめ、Style Scott、ASWADの面々など、プレイヤー陣が豪華ですよね。彼らとの、録音当時のエピソードがあれば教えてください。
 「ひとつ覚えているのは、Angus Gaye(ASWAD)が“Afreecan”でドラム・ソロを録ったときかな。どんなサウンドになるか気になったから、あまり期待せずにとりあえず録音したんだけど、聴いてみたら完璧だったんだ」

――そもそも、こんなに素晴らしい楽曲群なのに、なぜ未完成のまま放置されることになってしまったのですか?
 「リリースされなかったのは、当時手がけていたプロジェクトが多すぎたからだね」

――この作品に使用されている最も古い音源は1978年録音とのことですが、同年にはBlackbeard名義での初ダブ・アルバム『Strictly Dub Wize』をリリースされていますし、MATUMBIのデビュー作『Seven Seals』やLinton Kwesi Johnsonのエポックメイキングな作品『Dread Beat An’ Blood』も78年に発売されています。なぜそんなにハードワーキンだったのですか?やってみたいことがたくさんあったのでしょうか。
 「色んなユニークな人たちから仕事のオファーが入ってきて、おもしろそうだったから断れなかったのかな。だから、ほとんど常にスタジオに入ってた。やるべきプロジェクトがいっぱいあったんだ。今回のアルバムは78年に録音されたものもあれば、79年に録音されたもの、Fela Kuti、坂本龍一、Janet Kay、THE BOOMTOWN RATS、Linton Kwesi Johnson、BANANARAMA、THOMPSON TWINS、Edwyn Collins(ORANGE JUICE)といったアーティストのレコーディングをしたStudio 80を建てた80年に録音したのもあるよ」