SECOND TO NONE

SECOND TO NONE

Nine Cocoons Of Dens To F 大阪篇

 熾烈を極めた1990年代関西のピットより現れメタリックなモッシュコアの重鎮として君臨しながらも、当初からの異端ぶりを徐々に拡張しつつ減速し、クラスティなムードも薫るブルータル・エピック・ドゥームへと進化した大阪のSECOND TO NONEと、世界を股にかけた活動でHOODED MENACE、SEVEN SISTERS OF SLEEPら後進からのプロップスも厚い東京の当代オールドスクール・ドゥームデス巨人COFFINSが、両雄のアナグラム(字余り)を冠したヘヴィウェイト・スプリット作『Nine Cocoons Of Dens To F』を2月21日にリリース。出自 / スタイルは異なれど、ドゥーム / スラッジを軸に暗黒面で通低するトータル・ダークネスのマスターピースとなっています。同作について、双方に95%同内容の質問状でお話を伺いました。

 本稿“大阪篇”では、大阪・西心斎橋の銘店「TIME BOMB RECORDS」のスタッフとしても高名なHiroyoshi Shoji氏(g / 以下 S)、CATAPLEXY / ASSEMBRAGEの一員としてのみならず“Fareast Death Cult(旧Hammer Sonic)”の主催者としても知られるHiroyoshi Kaneuchi aka “Puno de Hirro”氏(g / 以下 K)、GREENMACHiNE / ASSEMBRAGE / 元ZYANOSEのYoshikawa aka “将軍”氏(b / 以下 Y)、DUG REVENGE~ABUSE THE ABUSERのSoo氏(dr / 以下 So)、暴虐の漆黒ヴォイスTaku氏(vo / 以下 T)という、関西オールスターズの様相を呈する220フルメンバーにお答えいただいています。


取材・文 | 久保田千史 | 2018年2月
main photo | ©Natsumi Okano


see also COFFINS | Nine Cocoons Of Dens To F 東京篇

――まず人的な接点を教えてください!かねてより交流があったのでしょうか。
K 「内野さんとはCATAPLEXYでの対バンがきかっけだったかな。たぶん、2000年前後」
S / T 「あたけとはSECOND TO NONEの初期のライヴでの対バンで知り合った。彼はその時、DIVISIONやったかな。トッキーとサトシくんとはこの2年で何やかんやと言い合う仲に」

――音楽の好みに関する接点はたくさんありそうです。例えばWINTER。COFFINSはWINTERウォーシップを公言していますし、SECOND TO NONEはカヴァーもしています。でもそれぞれ影響を受けたポイントが微妙に異なる気がするので、WINTER持論を聞かせてください!
S / Y 「僕らはめっちゃ好きなバンドですよ」
K 「俺は全く興味なし!」
S 「“論”にまとめるほどではないですけど、あのズルズル感には影響は受けています」

――BOLT THROWER観を教えてください。COFFINSは今回、「Impuritious Minds」でWINTER感 + 半減速ボルトスロウィングを極めていますよね。
S 「初期も良いし、4枚目からのスタイルも良い。我が道を極めた極道デスメタル!BENEDICTION最高!」
K 「Jo Bench!」

――大まかに、COFFINSはHELLHAMMER、SECOND TO NONEはCELTIC FROSTという感じで捉えているのですが、いかがでしょう。
全員 「リスナーに委ねます」

Nine Cocoons Of Dens To F
COFFINS / SECOND TO NONE ‘Nine Cocoons Of Dens To F’ 2018

――大まかに、COFFINSはPROPHECY OF DOOM、SECOND TO NONEはAXEGRINDERという感じで捉えているのですが、いかがでしょう。
全員 「リスナーに委ねます」

――あまり関係ないかもしれないけれど、CROWBARはアリですか?ナシですか?
S 「もちろん、アリで。大好きですし、CROWBARにインスパイアされて出来たのが“The River”(*)。全然、違う形になってしまったけど(笑)」
* WITS END(052)とのスプリット作『Paraphernalias For The Apocalypse』(1998 / Radical East)に収録。2009年のデモCD-Rおよび2016年の1stフル『Bāb-Ilū』には現編制でのオルタネイト・ヴァージョンを収録。

――興味深いと感じているのは、ざっくりメタルとして認知されているCOFFINSよりも、ざっくりハードコア・パンクとして認知されているSECOND TO NONEのほうが多分にエピックなメロディを含んでいるということです。PARADISE LOSTとSOLSTICE(UK)だったら、どちらのほうがSECOND TO NONEの肌感覚に近いと思われますか?
K 「PARADISE LOST。SOLSTICEには、あまり興味がわかない……」
S 「UK SOLSTICEは音にはダイレクトには出てないとけど、影響はあるのかもな。オレは大好きなバンドです。 BOLT THROWERもやけど、パンク上がりのデスメタルとかドゥームメタルに個人的には惹かれる」
K 「初期のPeacevilleEaracheがリリースしてるバンドからは多大な影響を受けてると思う」