Kyoka

Kyoka

偶然を逃がさずに掴む

 onpa)))))からの『ufunfunfufu』3部作を経て、2012年に独Raster-NotonよりEP『iSH』をリリースして脚光を浴びたクリエイター・Kyokaが、格段にブラッシュアップされた姿を見せた2014年の初フル・アルバム『Is (Is superpowered)』に続く新作EP『SH』をリリース。さらなる変貌を遂げたメタリックで硬質な音像をオーガニックに構築し、スモーキーなアトモスフィアを纏わせたサウンドは、往年のミニマル・ダブと近年のインダストリアル・ハウスの横断を思わせるもの。これまでのKyoka像を覆すに十分以上の破壊力であると共に、本来の強烈なポテンシャルを生々しく感じられる傑作です。この変化の意味を、2月には上野雅亮と共にコンセプチュアルなパッケージ・ツアー企画“FIRST FLOOR FESTIVAL”のオーガナイズもスタートさせ、新たな局面を迎えるご本人にお伺いしました。

取材・文 | 久保田千史 | 2016年3月
main photo | ©Sylvia Steinhäuser

――新作でまた、ガラっと変わりましたよね。“Kyokaをもう一度やり直した”くらいの印象を受けました。
 「そういう意識ではないです。自分なりにもう少し先に進んでみようかな、という感じです」

――今までのライヴ音源を素材にしているというのも、“これまでの自分を総括して、次に進む”という意味合いに感じたんですけど。
 「たしかに……。でも単純に、ライヴでいい感じだったところを集めたほうが、人生たのしいかな、と思って」

――(笑)。
 「すいません(笑)。まじめに答えると、ひとりでスタジオで音を作っているのとは別に、ライヴで集中しているときにしか出ない音があるんですよ。そういう音は、がんばってもなかなかスタジオでは再現できなくて。スタジオで奮闘しまくった末、ライヴの良い音を集めて使う方が音にパワーがあるという結果に辿り着きました。今回はこういう感じにしたほうが、アーティスト生命が長く続くような気がして(笑)」

――アーティスト生命……。でも狙ってそうしたわけではないんですね。
 「そうですね。わたしなりにちょっとわくわくするような音を盛り込んでみたり。その上で、自分が聴いていて“よしっ!”て思えて、かつ“人前に出して恥ずかしくないぞ”っていう方向に一貫性を持たせました。誤解されないように補足しますと……、わたしの言う”アーティスト生命”というのは、わたしが自分自身アーティストであるということを恥じずに続けられるような制作を出来ているか否か、という自己判断に基づきます」

――今回はトレードマークのひとつになっていたヴォイス・サンプルを使っていないというのも印象的です。何かしら変化は求めていたということですよね。
 「今回の音で、声を入れたらまたいつもの感じになっちゃうかな、と思って。宇川(直宏)さんには言ってないけど、一箇所だけ宇川さんの声は入ってますね……。でも“ヒュー”って言う一吹の音です……人の声かもわからないレベル。わたしにしかわからないと思う。これまでは、曲を作っていて“この後どう展開したら良いかわからない”という時に声を入れて、そこからまた新しい道筋を作っていたんです。地図的に使っていたというか。今回はそれをやらなくても完成したので、ものすごい進歩だな、と思いました。スウェーデンのスタジオで、音が“良い”と言われているフィジカルに本格的な機材を使えたということもあったのかも」

――ストックホルムのEMSでレジデント制作をされていたんですよね。
 「そうそう。“良い”って言われている音は、実際体験するまではわからない、おとぎ話のような存在ではあるんですけど、今回レジデンス中にいろいろ探索してみたら、たしかに音のひとつひとつが呼吸しているような存在感を感じたんです。だから、それを殺さない感じに配置したかった。そんなわけで、音源だともしかしたらマニアックに聴こえるかもしれないです。ライヴで聴くと逆にポップに聴こえるかもしれません」

――マニアックというか、声が入っていないということもあって、パッと聴いた感じは今までになくダークな印象になっていますよね。ダークなマテリアルを用いてポップを構築しているというか。
 「そっかあ……ダークですか……。心はすごく晴れてるんですけど……」

――そうですよね。ただ、ひとつ大きな“Kyoka要素”になっていたキッチュな部分は皆無です。
 「キッチュな部分を外したいという願望が長年あったんですけど、外し方がずっとわからなくて。今回は、長年の探索の結果やっと外してみることができました。たぶん……」

――そこが“やり直した”と感じた要因なのかもしれません。“やり直した”というより、“やっとやれた”感じなんですね。それもあってか、“これが今のKyokaです”という存在感を前作、前々作以上に具現化できているように感じました。
 「それは、良いことですか?」

――良いことだと思います。
 「よかったです。とか言いつつ、次はめちゃめちゃキッチュにしたりして。わからないけど。あまのじゃく」

SH
Kyoka ‘SH’, 2016 Raster-Noton

――(笑)。『Is (Is superpowered)』における変化は、Frank Bretschneider(Komet)さんやRobert Lippok(TO ROCOCO ROT)さんといったプロデューサー陣の力も大きかったんですよね。今回はそういう部分が見えなかったし、ひとりで作っている感じが“ザKyoka”感を際立たせている印象です。
 「そうですね。“ひとりで”とはいえ、初期のデモ段階、というより物音の段階からライヴで何度も使ってみた音の集合体なので、ある意味お客さんにプロデュース(?)されて、そこにわたしなりの理想を加えて完パケた感じも少しあります。ライヴでの反応を観察しながら良かったところを集める実験にも近かったので、前よりも反応がダイレクトに良くなっている気がします」

――良い反応がその場で的確に把握できるというのはすごいです。
 「わたしのライヴに来てくれるお客さんは、素直で明るい方が多いのかもしれません。わたし、運がいいです……(嬉泣)」

――これは古来より言われることですけど、日本と海外だと、やっぱり日本のほうがリアクション薄いんですか?
 「そんなことないですよ。意外と反応大きいと思います。先日スウェーデンのすごく大きなシアターでやったんですよ。席が3階建てで、映画館の椅子みたいなやつ。人はいっぱいだったけど、椅子に座ってるからみんな微動だにしないんです(笑)。それで50分やったら、最後には鬱みたいになって……。全然わかんないや……って」

――ツラいす……。
 「でもライブが終わった瞬間スタンディング・オベーションで。その日の自分は、ある意味芸術作品として敬意をもって見てもらえていたことを、後で皆に言われて知りました。沈黙のライヴに耐える練習もしなきゃいけないな、と日々思います」

――先日のsoup(東京・落合)でのライヴもめちゃめちゃかっこよかったです。
 「よかったー!今日は熟睡できそうです」

1 2 3