EARTH CRISIS

EARTH CRISIS, 2009

マイノリティなのは理解してる

 1990年代初頭に米アップステイトNY・シラキュースから登場し、“ハードコア・パンク = 速い”の概念を破壊するスロウかつタフでメタリックなリフワークに、MINOR THREATの歌詞解釈から生まれた“ストレート・エッジ(Straight Edge)”と“完全菜食主義者”または“純粋菜食主義者”と訳される“ヴィーガン(Vegan)”をミックスした“ヴィーガン・ストレート・エッジ(以下 xVx)”のメッセージを乗せるスタイルでUSハードコア史を更新した重鎮・EARTH CRISIS(以下 ExC)が、2001年の解散から約6年の時を経て2007年に復活。今年は『Slither』以来9年ぶりのオリジナル・アルバム『To The Death』をCentury Media Recordsからリリースし、完全カムバックを果たしています。奇しくも4月22日の“アースデイ”が発売日となる同作の日本盤リリースを記念して、ギタリスト / メイン・コンポーザーのScott CrouseにアルバムとxVxのライフスタイルについてメールで伺いました。

取材・文 | 久保田千史 | 2009年2月
翻訳 (thanks!) | 山口洋佑

see also A quick guide for finding xVx

――最新作かっこいいです!2007年に再結成した時点で、アルバムを制作する意志はあったのでしょうか。再結成からリリースまでの道程を教えてください。
 「再結成して最初のライヴをやる前に、みんなでExCの新しいアルバムをレコーディングする話をしたよ。僕は自宅のスタジオでExCを想定した曲を書き溜めていたから、その段階ですでに選ぶ素材がたくさんあったんだ」

――初期のシンプルなものでも、後期のモダンなものでもなく、中期のサウンドをアップデートした仕上がりとなっているのは、意図的なものなのでしょうか。
 「真剣な話、僕たちは過去を再生産したかったわけじゃない。とにかくヘヴィなExCのアルバムを録っただけだよ。新しい曲が少し昔の僕らに似ているのは自然なことなんじゃないかな。少しモダンな感じが加わっているとは思うよ」

――再結成以来、ExCを目指して結成されたような若いバンドとも多くステージを共にしたことと思います。制作にあたり、そういったバンドから影響を受けることはありましたか?
 「それはないね。常に他人がやっていることを避けて、僕たちだけの音楽を突き詰めているから」

――以前よりも直接的な歌詞が増えているように思うのですが、xVxバンドとしての原点回帰とうことなのでしょうか。
 「歌詞については最小限のかたちにする必要性を感じたんだ。Karl(Buechner / vo)は僕にとって最高のリリシストで、いつもフレッシュなやり方でバンドの核となる理念的な部分を担ってくれている。彼はくどい感じに聴こえないようにすごく努力していて、それは今回のアルバムでもかなり上手く行っていると思う」

――ExCの特徴的なメッセージであるxVxというライフスタイルについて、分かりやすく教えてください。
 「もちろん。ストレート・エッジは煙草、アルコールを含むあらゆるドラッグを摂取しないライフ・スタイルを実践すること。ヴィーガニズムは、あらゆる動物由来の製品なしで生活すること。肉、乳製品、毛、皮、動物から作られるあらゆるものだよ。僕たちは、動物たちが人間の利益のために慎みなく殺され、虐待されている事実に対する抗議として実践しているんだ。健康の面から見ても良いことなんだけどね」

――ExCの歌詞には聖書を引用した歌詞もありますが、宗教的な意図はないでんすよね?xVxというライフスタイルの選択には、単純に動物がかわいいから、自身の健康のため、食肉の“生産”を否定することで隠されたシステムを浮き彫りにする、意志を持つ生物の権利の尊重など様々な理由が考えられますが、ExCの場合はどこからスタートしたのでしょう。
 「うん、宗教的な考えからではないよ。でも僕個人としては、とてもスピリチュアルなものではある。肉や乳製品、その他動物性の製品からは、僕たちの日々の生活に影響を及ぼす負のエネルギーを感じるんだよね。ExCがヴィーガン・ライフスタイルに拘るきっかけになった理由は、君が挙げたすべてだよ。簡単にまとめると、不必要な殺生は正しくないことで、倫理に反すると感じるんだ」

――あなたはExCの前身バンドFRAMEWORKをはじめ、THE PATH OF RESISTANCEやExCが1度解散した後に結成したISOLATEDでも、メタリックでタフなハードコアを用いてxVxをアピールしています。メッセージを伝えるにあたって、例えばJohn Denverのような耳あたりの良い音楽を選択しないのはなぜでしょう。
 「みんなは、僕たちがメッセージを伝えるためだけにこのバンドを始めたって誤解しているようだけど、そんなことないよ。僕たちはメタルやハードコアのファンで、ミュージシャンなんだ。すごくヘヴィな音楽をやろうと思ってバンドを始めて、後から社会的、政治的に強く思うことをみんなに伝えようと考えたんだ」