SURGEON

SURGEON / photo ©Cathrin Queins

人々の帽子の問題について

 1990年代から活躍するブリティッシュ・テクノの巨匠・Anthony Child aka SURGEONが、同名義では2016年の『From Farthest Known Objects』以来約2年ぶりのオリジナル・フルアルバム『Luminosity Device』を5月に自身主宰のDynamic Tensionからリリース。独名門Tresor、Karl O’Connor(REGIS) & Peter Sutton(FEMALE)主宰Downwardsなどからのリリースで知られ、REGISと並んで近年インダストリアル・テクノ源流としての再評価著しいハード・ミニマルの重鎮としてのみならず、Editions Megoからのリリースをはじめとする音響重視のビートレス作品でも高い評価を得ている鬼才の現行フェイズが、『Luminosity Device』には凝縮されています。エレクトロニック・ミュージックを志したきっかけや現在の活動について、メールでお話を伺いました。

取材・文 | 久保田千史 | 2018年6月
翻訳 (thanks!) | 下村雅美
main photo | ©Cathrin Queins

――あまりない機会なので、よろしければ昔のことも聞かせてください。かつてのご自身を振り返って、どんなことに興味を持つ子供だったと回想しますか?または周囲にはどんな子供だったと言われますか?
 「私は常にとても内向的だったのですが、特に子供の頃はそうでした。いつも周囲の人々を観察していました」

――子供繋がりで……“Child”という姓、英国には多いのでしょうか。どんな由来があるのですか?僕の“久保田”という姓は、ランドスケープに由来しているらしいです。姓はご自身で選ばれたものではないですし、もちろんお答えいただかなくても結構です。
 「日本の人々の名前はとても詩的で、自然界から由来していることが多いそうですね。イングランドでは、我々の名前にそういった強い関連性はありません。もちろん私の姓“Child”には”子供”という意味がありますが、特に深い意味ではないんです」

――はじめて好きになったのは、どんな音楽でしたか?
 「私はとても若い時からエレクトロニック・ミュージックに強く惹かれていました。6歳頃からよく冨田 勲の音楽を聴いて楽しんでいました」

――エレクトロニック・ミュージックを志すようになったきっかけは?はじめて手に入れた機材や、それを手に入れたことで次にやるべきと感じたことについて教えてください。
 「古いオープンリールのテープレコーダーで遊び始めたのがきっかけです。テープを切って、テープ・ループを作っていましたね。その次にはマルチトラックのテープレコーダーで遊んでいました。最初のキーボードはKORGのPOLY-800でしたよ」

――“surgeon(外科医)”というエイリアスの由来と、そう名乗るようになった理由について教えてください。
 「私の曽祖父はヴィクトリア女王の子供たちを診た王室担当医だったので、その家族の伝統を継続したかったんです」

――盟友と言って差し支えないであろう、Karl O’Connorさん aka REGISとの出会いについて聞かせてください。
 「Karlとは、私の最初のレコード(Downwards, 1994)をリリースするまで会ったことがありませんでした。Mick Harris(SCORN, LULL, NAPALM DEATH, PAINKILLER, UNSEEN TERROR ほか)が僕らを引き合わせてくれたんです」

――O’ConnorさんとのBRITISH MURDER BOYSでは顕著ですし、SURGEON作品からもノイズ / インダストリアル・ミュージックやエレクトロニック・ボディ・ミュージックからの影響を感じますが、実際のところはどうなのでしょう。COILのTシャツを着ている写真は拝見したことがあるので、お好きなんだろうな~とは思っていますが、ほかにも影響を受けたノイズ / インダストリアル作品があれば、具体的に教えてください。
 「ある特定のアーティストは好きですが、ノイズ / インダストリアルというジャンルの全てが好きということではありません。ほとんどはひどいものですからね。COIL、FAUST、WHITEHOUSE、SUICIDEは大好きです」

――Jeff MillsさんやSteve Stollさんはかつてインダストリアル / EBMのバンドに所属していたことが知られていますが、ご本人とそういうお話ってされたことありますか?
 「いいえ、話したことはありません」

――SURGEONとREGISが“インダストリアル・テクノ”の源流と目されることについてどう感じていますか?
 「今の私にとっては少々恥ずかしいことです。インダストリアル・テクノは悪いジョークやひどいパントマイムになってしまいましたからね。今は全く興味がありません」

――Tresorを離れてからの最初のアルバムは『Body Request』というタイトルですが、さすがにこれはEBMとは関係ないですよね?日本のポカリスエットというスポーツ飲料はかつて“Body Request”というキャッチフレーズを使用していたのですが、もしかしてそれをご存知だったとか?
 「そうなんです、ポカリスエットのことを知っています。”Body Request(体の願い)”というアイディアが好きで、レコードの名前に使いました。EBMとは何の関係もありません」

――Mick Harrisさんは、SURGEONのリミックスやO’Connorさんとのコラボレートなどで親交が深いイメージがありますが、例えばGODFLESHのような他のバーミンガムのグループとは交流があるのでしょうか。JK FLESHの近作などは、個人的にすごくSURGEONの影響を感じるんですよね……。
 「Mick Harris、Karl O’Connorとは強い繋がりがありますが、他のバーミンガムのバンドはそうでもないんですよ」

1 2