TOKiMONSTA

TOKiMONSTA, 2011

音楽と“動き”の繋がり

 ドーペストな面々が名を連ねるFlying Lotus主宰レーベル“Brainfeeder”に所属するTOKiMONSTAことJennifer Leeが、昨年のフル・アルバム『Midnight Menu』を確実に更新する内容の傑作EP『Creature Dreams』をリリース。ドリーミーかつ凛とした空気を纏う独特の楽曲群について、10月に開催されるイベント“Brainfeeder2”にてMartyn、Teebs、Thundercat、Austin Peraltaらとの再来日を控える“토끼 + monster = ウサギ怪獣”にお話を伺いました。

取材・文 | 久保田千史 | 2011年8月
通訳 (thanks!) | BEATINK

――『Midnight Menu』も素晴らしかったですが、本作でまた飛躍的にかっこよくなりましたね!音のバランスが繊細になって、奥行きのある作品に仕上がっていると思います。本作を制作するにあたってサウンド面で特に気を遣った点は?
 「『Creature Dreams』では、一貫したサウンドを目指しました。収録曲のすべてが1枚の作品としてまとまったEPにしたかったから。あたたかいサウンドで、モダンなスタイルの中にヴィンテージな美学を持った作品にしたかったんです」

――グルーヴも更に極上になっています。グルーヴを出す上で大切なことは?
 「音楽と“動き”の繋がりってすごく強いと思うんですよ。体の動きとかね。特定のリズムを持った音楽には体が反応する。こういうリズムを作り出すには、体の動きと自然に調和するビートを作る必要があると思っています」

――「Stigmatizing Sex」や「Bright Shadows」などはポリリズムがすごいことになっていますよね。サンプリングはチャンス・オペレーション?それとも後から考えて配置しているのですか?
 「それは場合によります。決まったパターンよりおもしろい音楽になるという意味では、ランダムなサウンドは好きですね。ビートはそもそもパターンと関係が深いものだから、ランダムな要素を使って、反復しすぎるのを防ぐこともできると思います」

――初めて聴いたときは(AKAI)MPCを使っていらっしゃるんだと思っていたのですが、(ROLAND)SP-404をお使いなんですよね。SP-404のどんなところが気に入っているのですか?DJをやるときにも使っていて使い慣れてるとか?
 「SPはサウンドのクオリティとコンプレッションが好きなんです。エフェクトもおもしろいのが揃ってる。今はライヴでは使わなくなったけど、SamiyamやTeebs、Ras Gといった友人たちは使ってますね。SP-404は主にPCと一緒に使います。完全なアナログのセットアップより、PCを使うほうがずっと少ない手間でより多くのことを実現できるんですよ」

――(AKAI)APC40を使われている写真も拝見したことがあるのですが、ライヴのときはPCをメインにしているのでしょうか。
 「APC40は主にライヴで使いますね。プロダクションだけじゃなく、ライヴでもPCを使っています」

――日本製の機材はイケてる?
 「AKAIもKORGもROLANDも大好き!全部持ってる。AKAIのドラムマシンとMIDIコントローラー、KORGはヴィンテージ・シンセサイザー、VST、エフェクト機材、MIDIコントローラー、ROLANDはシンセサイザーとエフェクト機材、ドラムキットが素晴らしいです」

――ビートを作るということに関して、影響を受けた、または好きなトラックメイカーは?00年代の、J Dilla以降のヒップホップやエレクトロニック・ミュージックはもちろん、90年代のテイストも感じられるのですが……。例えばDJ Premier(GANG STARR)、DJ KRUSHとか。
 「DJ PremierもDJ KRUSHもすごく大きな影響を与えてくれました。90年代中期のヒップホップ / トリップホップもすごく好き。DJ ShadowとかDJ Camとかね」

1 2