寺尾紗穂 + 松井一平

寺尾紗穂 + 松井一平

たまたま出会えた、呼吸みたいなやりとり

 大胆かつしなやかな変化を見せた2012年の傑作『青い夜のさよなら』に続く最新作『楕円の夢』を3月にリリースし、地道な取材を経て記した「原発労働者」(講談社現代新書刊)、「南洋と私」(リトルモア刊)などの敢行で文筆家 / ジャーナリストとしての手腕も注目を浴びる寺尾紗穂。OUT OF TOUCHやMANIAC HIGH SENCE、BREAKfASTの一員として知られ、TEASIやゑでぃまぁこん + アキツユコとの“わすれろ草”、テライショウタ(NICE VIEW, Gofish)、村上ゴンゾらと組んだLOCH NESSなどでも活躍するミュージシャンとしてのみならず、画家としても名高い松井一平。寺尾の演奏と松井のドローイングでのコラボレート・ライヴ“おきば”シリーズの開催や、寺尾のエッセイと松井の挿絵で同名画文集の刊行を続け、故・かしぶち哲郎(ムーンライダーズ)トリビュート・アルバム『ハバロフスクを訪ねて』、カセットテープ・コンピレーション『カセット・レボリューション vol.1』では音楽家としても共演する両者が、いよいよ“寺尾紗穂と松井一平”名義での単独作「いしとゆき / 幻のありか」(7inch vinyl + CD)をリリース。生々しさと白昼夢の如き感触が同居するライヴ“おきば”の空気が、回転メディアを通じてありありと蘇る仕上がりです。言葉を交わすように創作物を交換し、そこにしか現出しない“なにか”を届けてくれるお2人に、お互いの印象や創作の過程を語っていただきました。

取材・文 | 久保田千史 | 2015年7月
main photo | ©Ichiko Uemoto 植本一子 | 天然スタジオ

――まずお2人の出会いからお聞かせください。
寺尾 「2012年の9月かな。『青い夜のさよなら』のデザインをやってもらったTAKAIYAMA inc.の山野(英之)さんがヒカリエで展示をやっていて。来ない?って誘われていたんですけど、その日は新世界(東京・西麻布)で柴田聡子さんとのライヴが入っていて。でもリハが終わって時間が空いたから、DJぷりぷり(浅草橋天才算数塾)さんに自転車を借りて麻布から渋谷まで行ったんです。ぷりぷりさんが優しかったんですよ。本当はバスか何かで行こうと思ってたんですけど、“はい” って鍵を渡してくれて。着いたら山野さんと一平さんが話してて」
松井 「ちょうど僕も同じ場所で展示をやっていたんですよ。その時に初めて会って」

――事前に山野さんの紹介があったわけでもなく、たまたま出会ったのですか?
松井 「そうそう、偶然。ずっと在廊してるわけじゃなかったし、その時はたまたまいただけだから。でも一言目はすごく印象深かった(笑)」
寺尾 「えっ、何て言った?」
松井 「こんにちは、って言った直後に、“おなかが空いたんで、何か食べに行きませんか?”って(笑)」
寺尾 「そうか(笑)。でも結局2人とも時間が空けられなくて、独りで食べに行ったんですよ」
松井 「しかも自転車で着いたばかりでハアハアしていて。おもしろいな、って思いました(笑)。慌しいというか。でもそういうのは、今のやりとりの速さにも通じる気がするから、今思えば自然な導入だったのかもしれないです。畏まってなくて良かったですね」

「おきば」
寺尾紗穂 + 松井一平 ‘おきば’, 2013

――初対面の一平さんの印象はいかがでしたか?
寺尾 「ヨン様に似てるな、って思った。ヨン様が痩せた感じ」
松井 「……似てないでしょ(笑)」
寺尾 「でも絵はすごく良いな、って思って。帰ってからその日のうちにFacebookでメールしたんですよ。いつかアルバムのジャケット描いてください、って」
松井 「こういう風に、進むのが速くて(笑)。インスピレーションで動いてる感じというか。スピード感があるんですよね。僕は脳みそが速く動いても、アウトプットは遅い」

――でも一平さん、メール打つのめちゃくちゃ速くないですか?
松井 「メールは速いよ(笑)」
寺尾 「アウトプットは私も遅いよ。特に発話が遅い。書くのと違って、発話だと考えが全然纏まらないんですよ」
松井 「ちょっとしたテンポの遅さで急に笑ったりするから、たしかに噛み砕くまで遅いのかも。でも決めたらめっちゃ速いと思う、行動が」
寺尾 「行動は速いよ(笑)」
松井 「前に寺尾さんのライヴを観に行ったら、最初会場にいなかったんですよ。ばたばた、って入口が開いて、入ってきたと思ったらそのままピアノのところまで行って間髪入れずに演奏を始めて。そういうところあると思う」
寺尾 「人に言われてから、そのスピードが速いんだって初めて気付きました。テニスコーツの植野(隆司)さんにも、ライヴにゲストで出てもらった時 “運動部の高校生みたい”って言われて(笑)。“運動部”って言われたの初めてだったから、私ってそんなにばたばたしてるんだ、って思った。びっくりしました(笑)」
松井 「遅かったり速かったりが独自のものだから、一瞬ヘンテコだと思う人もいると思うけど、僕はなんか慣れた」

「いしとゆき / 幻のありか」
寺尾紗穂 + 松井一平 ‘いしとゆき / 幻のありか’, 2015

――その日のうちに連絡を取ったくらいですから、一平さんの絵にはそうさせるインパクトがあったわけですよね。どんなことを感じたのでしょう。
寺尾 「夢みたいというか。非現実感にすごく惹き込まれる感じがあって。あまりそういう絵に出会ったことがなかったんですよ。色の感じとかも好きだったし」

――寺尾さんは、その時が一平さんのやっていることに触れる初めての機会だったのですか?
寺尾 「そうですね。あっ、でもTEASIっていう名前だけは知ってたんですよ。洋楽ばかり聴く山野さんが、“邦楽だと寺尾紗穂とTEASIは良い”って言ってて」

――その組み合わせがまず変わってますよね(笑)。
松井 「ピンポイントだよね(笑)。山野さんは独自の美意識があるから」
寺尾 「そう。だからTEASIっていうバンドがいるんだ……とは思ってたんですけど、ちゃんと聴いていなくて。山野さんはキーパソンだよね」

――一平さんはそれまで寺尾さんにどんな印象を持っていたんですか?
松井 「あまり良い言い方じゃないかもしれないけど、もっとフィルターがかかっているとというか。何かに囲まれているような人なのかな、って思ってた」
寺尾 「どういう意味?」
松井 「メジャーっぽいっていうか。会社があったり、色んなミュージシャンが参加してたり。良いか悪いかわからないし、勝手な印象なんだけど。そんなに近い感じではないと思ってた。でも実際はめちゃめちゃ生々しい人で。誰との間にも全然壁がない感じ。人によってはすごく遠くに感じる人もいるでしょ?寺尾さんは対等というか、本当に不思議な近さがあるんですよ。誰とでも、すぐ仲良くなれる感じ。それが寺尾さんの魅力のすごいところだと思う。今の活動にも合ってると思うんですよね」

1 2 3