COFFINS

COFFINS

結果としてドゥームデスになっているくらいの感じ

 AUTOPSYを筆頭とするオールドスクール・デスメタルや、GRAVEのようなスウェディッシュ・デスメタルの非ブラストを受け継ぎ、DIVINE EVEやWINTERといったドゥームデス巨匠に続く存在として、ANATOMIAと共にその筋の世界的評価を不動のものとしている東京のCOFFINS。20 Buck Spin、Bones Brigade Records、Hammerheart Records、Razorback Records、Southern Lord Recordsといった名レーベルからのリリースを続け、世界を舞台にエクストリーム・ミュージックの最先端で活動する同バンドが、SOURVEINやWARHAMMER等との数々のスプリット作、Osmose Productionsからの過去作リイシューを挟み、『Buried Death』以来実に5年ぶりとなるニュー・アルバム『The Fleshland』を老舗Relapse Recordsよりリリース。メンバー構成を一部チェンジし、CELTIC FROST的重厚スロウネスよりもスウェディッシュ・デスメタルを髣髴とさせるハードコア・パンク的要素を増量した作品に仕上げています。近年クラスト界隈やDeathwish Inc.、A389 Recordings周辺を中心としたハードコア方面からも熱い視線を浴びる“ドゥームデス”。そのCOFFINSオリジナル生成過程を、ギタリストUchino氏に伺いました。

取材・文 | 久保田千史 | 2013年7月

――COFFINSは当初から、ドゥームデス・バンドとして結成されたのですか?
 「最初は今みたいな音じゃなかったんですよ。SWANS、GODFLESHとか、そういうジャンクみたいなことをやっていて。だんだんメンバーが入れ替わる中で、ドゥーム、スラッジなんかの要素を入れるようになって。例えばEYEHATEGODだとか、初期のCATHEDRALとかね。そういう変化があって。だから割と変化球というか、所謂ドゥームデスとは出自が結構違うんですよね」

――最初は全然DIVINE EVE的な感じではなかったんですね。
 「好きで聴いてはいたんだけど、そういう感じでやろうとは思っていなくて」

――僕がCOFFINSのことを知ったのは最初のデモCD-Rの時だったのですが、あの時点ではすでにドゥームデス化していますよね。
 「そうですね。2000年くらいにバンドが止まって、一度みんな散り散りになったんですよ。その後2003年にまた集まってから、ほぼ今と同じ音で、聴いていただいたデモを録ったんです」

――デスメタルの要素が入ってくるのには何かきっかけがあったのでしょうか。
 「個人的にスラッシュメタルやデスメタルはすごく聴いてたので、バンドが止まった時にそういうのをやってみようかな、と思っていたんですよ。それが加わって今の音になった感じですね」

――今のスタイルになってからは長いですよね。
 「そうですねえ。2003年からと考えるとちょうど10年くらいですよね」

――今や世界の……。
 「不思議ですよ。海外ではとにかくウケるんですよね(笑)」

The Fleshland
COFFINS ‘The Fleshland’ 2013

――やっぱり日本と海外では反応違いますか。

 「そうですね。2003年からのCOFFINSはWINTERをお手本に始まったんですけど、WINTER自体が海外ではカルト化されていて」

――ネ申ですよね。
 「そうそう(笑)。そういう下地が海外にはあるから、日本人がそういうのをやってるっていうことでダイハードな連中が嗅ぎつけたんでしょうね。デモがとにかく売れたんですよ。それから向こうで色々とサポートしてもらうようになって。アルバムを出してたりとか」

――WINTERもCOFFINSと同じようにガチのメタルではないドゥームデスですよね。ハードコアの下地があって。
 「そうですよね。NAUSEAとかね。そんなに詳しくはないですけど、俺もハードコアは一通り聴いていたからシンパシーを感じていたので」

――日本だとANATOMIAという巨匠がいるわけですけど、COFFINSは彼らと比べても全然ハードコアの要素が強いですよね。
 「そこが多分、さっき言った出自の違いっていうのが出ているところだと思うんですよ。ANATOMIAはTRANSGRESSORっていうデスメタルから始まって、ずっとドゥームデスをやっているんで。COFFINSはそれとはちょっと違う方面から来てるというか」

――元から持っている幅広い要素を、ドゥームデスに落とし込んでいく印象ですよね。“ドゥームデス”って持ち上げられるとビミョーな気分ですか(笑)?
 「そうですね、結果としてドゥームデスになっているくらいの感じなので(笑)。だからそんなにね、今は “ドゥームデスやろう!”みたいなイメージじゃないんですよ」

――最新アルバムは名門Relapseからのリリースですが、反応はいかがですか?
 「海外での注目度がかなり高いみたいですね。反応は色々来ているみたいで。レーベル側はその良い悪いは教えてくれないんですけど(笑)。反応だけはやたらあるということらしいんで」

1 2 3