BLACK GANION

BLACK GANION

音楽はもっと開かれたもの、それが勘違いでも

 CALUSARI、CAUSE、DEVICE CHANGE、無我、RESULTなど、各々全くスタイルの異なるハードコアをプレイしていた面々により結成され、あらゆる音楽性を貪欲に吸収しながら異形のグラインドコアを作り上げた愛知・名古屋の“Super Metamorphosis Grinder”、BLACK GANION。アンダーグラウンドにとどまらず、POPGROUP主催の音楽フェスティヴァル“KAIKOO”への出演をはじめ広い振幅での活動を展開してきた同バンドが、ライヴ・アルバム『Live at HUCK FINN “Rest in Peace… AI”』、米オークランド産エクスペリメンタル・ドゥーマーLAUDANUMとのスプリット作『Ultrasonic Generator Schematic』を挟み、2007年作『First』以来実に6年ぶりのフル・アルバム『Second』をリリース。この作品では、“グラインドコア”というタームから連想され得る何かを軽く超越した自由度の高さと、詩的ですらある表現を聴かせてくれます。アルバム完成までの道程を、ベーシストにしてメイン・コンポーザー、宇野雄幸氏に伺いました。

取材・文 | 久保田千史 | 2013年6月

――かなり久々のアルバムですね。
 「ね。でもライヴ・アルバムとスプリット出してるし、『Grind Bastards』にも参加してるから、ちょこちょこは発表してるんだけどね。一昨年の冬にROTARY BEGINNERSのアルバムでブックレットのデザインとかをやらせてもらったんだけど、それが終わってからちょっと、人のことやってる場合じゃねーな、って(笑)。ORdERもレコーディング始めてたし」

――焦った?
 「うん、ちょっと欲が出てきたっていうか。次出さなあかんね、くらいの話はしてたんだけど。『First』から時間が空いちゃったし。USツアーに行ったり、LAUDANUMとスプリット出してジャパン・ツアーもやったり、結構動いてはいたんだけどさ。夏場は暑いからあんまりやらないんだけど(笑)」

――(笑)その間にアルバム用の曲を溜めていた感じなのでしょうか。
 「LPとかスプリットに入ってる曲も数曲あるけど、それ以外は『Second』用に集中して作ったね」

――これまでの蓄積も盛り込む形で。
 「そうだね。入れたかったから、自然な感じで」

――6年の間に様々な変化があったと思います。今回のリリース元であるJukeboxxx Recordsが一度ストップしたのもその間のことですよね。
 「そうだね。俺はレーベルの運営に絡んでいたわけじゃなかったけどさ。まあ色々あって、店も閉めることになったんだよね。でもAi(故・吉松 愛 / BLACK GANION ギタリスト)がいたCAUSEの音源とか、NICE VIEW、ROTARY BEGINNERSとかさ、こっちのローカルの名盤を色々出してたレーベルでしょ。だから今回は、これをきっかけにもう1回、のんびりでもいいからさ、皆でできればと思って」

――Jukeboxxxを復活させようという話は、続けることの大切さ、というところなのでしょうか。
 「うん。良く言えばそうだね。でもまあ、スプリットを自主で出した時に、自分のバンドを自分で宣伝するのはダルいわ、って思ってさ。変に格好付けちゃったりとかして。自分で確固たる意思を持ってやるのも良いと思うけど、もうちょっと客観視して、色んな角度から見てもらえる良さがレーベルから出すっていうことにはあると思うから。オーナーのカズキとはケンカする間柄だしね。ケンカするっていうのはお互い意見があるからなわけでしょ」

――友達っていうことですよね。
 「そうだね、そういう感じでやれたら良いな、と思って」

――今回、Jukeboxxxから出るというのは感動的でした。
 「色んな縁がある人に話を聞いてもらっている中で何がベストなのかずっと考えてたんだけど、これが気持ち良いな、って思って。俺たちって、POPGROUPから出てるし、Less Than TVからも出してもらってるし、それはすごくありがたいことなんだけど、それぞれがその時のタイミングだったっていう風に考えてるから」

――カタログ・ナンバーが以前のリリースから連番になっているところにも感動したんですよね。再始動だから、また“001”にしても良かったわけじゃないですか。
 「まあね(笑)。でも、名前変えるとか言い出しとったけど“それはダメだよ”って言って。HG Factの佐藤(直)さんは“xを5個くらい増やしたら良いんじゃない?”とか言ってたけど(笑)。佐藤さんすごく応援してくれてて」

Second
BLACK GANION ‘Second’, 2013

――リリース元の選択同様、音にもじっくりと煮込んだ感じが顕れていますよね。『First』ではそれぞれの要素がそれと分かるように入れ込まれてたと思うんですけど、今回はだいぶ染み込んでいるというか。
 「そうだね。ファストなパートも、スラッジィなパートも実は同じっていうかさ。時間軸が違うだけで。そこを全部表現したいな、っていうコンセプトが結成当初からあったし。7inch的な爆発力も好きなんだけど、ロングタイムで、アルバムとして聴けることを意識して。プログレッシヴっていうかね」

――そうですね。アルバム単位の作品として聴けるものって、グラインドではなかなかないと思うんですよ。BRUTAL TRUTHなんかはそういった作品作りをしているとは思うんですけど。
 「そうだね。Dan Lilkerには“プログレのショートカットがアイデンティティなんだろ?”って図星なツッこみを入れられたけど。“俺もそうしてるんだ”って言ってたから、なるほどな、と思って。イメージ的にね」

――BRUTAL TRUTHとBLACK GANIONは音的には全然違いますけどね。
 「うん。BRUTAL TRUTHはすごく好きなバンドだけど、そういう、記憶が表現してしまう部分を消すというか、埋め込まないようにしてるから。彼らとの付き合いも、音楽というよりライフスタイルの共通点から始まってるからね(笑)。Rich(Hoak)がやってるPEACEMAKERっていうプロジェクトのジャパン・ツアーの時から仲良くなって。影響を受けてるとしたら人との接し方かな。Danはすごい経歴の持ち主なのに、BRUTAL TRUTHみたいなバンドを自分のマスターピースとしてやっていて、しかもそれが嫌味なくてフラットやねん。しかも日本まで来て自分が可愛がっとる若いブラックメタル・バンドのCDを手配りしてたりさ(笑)。すげー熱い人だな、と思って。Richもね、ツアーでフィラデルフィアに行った時家に招待してくれたんだけど、“今日は寝袋じゃないところでゆっくり休んでくれよ”ってゲストルームに通してくれて。ジェントルマン精神というかさ。ワルいんだけど、人には優しくっていうね。俺そういうのすごい大事だと思うから、勉強になるよね」

――DanもRichも優しいですね(笑)。
 「めちゃめちゃ優しい(笑)」

――例えばBRUTAL TRUTHはCELTIC FROSTに通じるへヴィな感触も持っていたりすると思うんですけど、BLACK GANIONはもっとパンク寄りのフォーマット上に様々な要素が載っている感じがするんです。
 「BLACK GANIONには“ハードコアをやる”っていうルールがあって、それを崩したくないからだと思う。俺にとってドゥームとかストーナーはハードロック寄りの要素なんだけど、スラッジはパンクじゃん?そういう違いは結構大事で」

――摂取する物質的に言うと、GOATSNAKEはアレだけど、GRIEFはアレ、みたいなことですよね。
 「そうそうそう(笑)」

――宇野さんの考える、“ハードコア”の定義とは?
 「がっちり鋲ジャン着て、モヒカンばっちり立てて、っていうのも絶対ハードコアだと思うし、逆に早くにマーチンを脱いだようなCHAOS U.K.とか、CHAOTIC DISCHORDにしても、その脱力感が俺はハードコアだと思うし。NYのタフガイもハードコアだしさ。でも結局、人それぞれの一番テンション高い部分を放つっていうのがハードコアで、その方法を自分で編み出してくっていうのがパンクだと思うんだよね。もちろん若い頃はレコード・コレクター的な喜びもあったけど、成長するつれて自分が出したい欲求の方が強くなっていくからさ。元々自分で何か作るのが好きなんだよね。洋服にしても音楽にしても」

1 2 3