Kyoka

Kyoka

回り道も含め、後退知らず

 独ベルリンを拠点に活動する奇才邦人クリエイターKyokaが、Christopher Willitsによるプロデュース作品で知られるNobuko Horiとのデュオ“GROOPIES”での活動、onpa)))))からのソロEP発表を経て、2月に新作『iSH』を独名門Raster-Notonよりリリース。元素周期表110番台をモチーフにしたRaster-Noton“unun”シリーズに、第5段“ウンウンペンチウム”としてAOKI takamasaやNHK(Kouhei Matsunaga + Toshio Munehiro)らに続いて名を連ねた同作では、これまでのカオティックな音塊がソリッドにシェイプされ、洗練の度合いを高めています。そのルーツと道程について、ご本人にお話を伺いました。

取材・文 | 久保田千史 | 2012年4月
main photo | ©Sylvia Steinhäuser

――Raster-Notonからお声がかかった経緯について教えてください。
 「ベルリンの小さいお店でDJをやった時に、わたしがかけた曲を気に入ってくれたお客さんがいて。翌週にDenseっていうレコード・ショップでインストア・ライヴをやったんですけど、その子がそこにFrank(Bretschneider)を連れてきてくれたんです。その時Frankとは初対面だったんですけど、“すごく良かった”って言ってくれて、それから全部のライヴに来てくれるようになって。毎回褒めてくれるんですよ。そのあたりから、Olaf(Bender)やRobert Lippokともばったり会うようになって、知らないうちに坂本龍一さんがGROOPIESをCarsten(Nicolai)におすすめしてくださったりで、なんか自然に。こんなお話で大丈夫ですか(笑)?」

――はい(笑)。
 「それから特に何もなく、わたしも自分の音楽活動をしていたんですけど、ある時期、ケムニッツにいることが多かったOlafがしょっちゅうベルリンに来るようになって。何度かばったり会ったときに“そういえばKyokaの音をまだ聴いたことがないから、聴かせて”って言われたんですね。でも、あまりにRaster-Notonとは違うし、とは言えすでに大ファンでもあったので、しなっと逃げ腰になってて。なかなか聴かせられませんでした」

――毎回断ってたんですか(笑)?
 「違い過ぎてシラケたら嫌だなと思って(笑)。恥ずかしかったのかな。なんとなく。Raster-Notonて、ばりばりストイックじゃないですか。わたしはそんなにストイックでもないから、彼らから見たらバカに見えるんじゃないかなって思って」

iSH
Kyoka ‘iSH’, 2012 Raster-Noton

――Kyokaさんもストイックに見えますよ。
 「そうですか?でもOlafは多分好きじゃないだろうと思ったんですよ。せっかく仲良くなったのに、曲を聴かせたこと友情が崩れる気がしてしまって(笑)。でもある日、腹をくくって聴いてもらったんですね。3rd EP(『3ufunfunfufu』)の音源で、1曲目、2曲目は“なるほどね”っていう感じで頷いてたんですけど、3曲目、「pc125bpm」っていう曲で反応して、“これCarstenに送って” ってCarstenの連絡先を教えられたんです。でもまだ3rdのリリース前で、onpa)))))からリリースする用に作った曲だったから、それを勝手に送るのはどうなんだろう?ってモジャモジャしていて、結局あやふやになったんですね。でもRaster-Notonが、レーベルのカラーに合っていて1人でやれる女性アーティストを探してたことは確かで。その後色々あって、また1年後に音源を渡すことになったんです。そこで“次のリリースはKyokaでいいと思う”ってお返事をいただいて、またそこから色々あって今に至ります」

――Raster-Notonから実際リリースされてみて、いかがでしたか?
 「リリースが決まって、曲を更に仕上げていく時点ですごく緊張しました。Raster-Notonて、ヨーロッパでも当然の如き人気を誇ってるレーベルだから。仕上がってから1回目のライヴを東京でやったんですけど、リリースの音源を使った初ライヴでスベりたくないと思って、それもすごい緊張して。ライヴ前日は全然寝られなくてスベる夢ばっかり観てたくらい(笑)。以前に比べて変な責任感を感じますね(笑)」

――それは、Raster-Notonの看板が重いってことなんでしょうか。あまり看板を気にするタイプじゃないと思ってました(笑)。
 「なんだろ、看板ていうか、等身大より大きめの負荷を自分に常に背負わせるのがわたしで、“あー、またうまく背負っちゃった”と。onpa)))))のときはすごく自由にやらせていただいてたので。“音質もビートも何にも考えなくていいよ”って(笑)。それはすごく楽しかったんですけど、EP3枚それで遊ぶと、さすがに世間知らずになってきちゃって。外の世界に行ってみようと。1枚目を作ってる頃からonpa)))))の羽生(和仁)さんに、たぶん3枚出したらわたし、外の世界にも出たがると思うんでって話していたので、快く送り出してくれて」

――そうですね、これまでの作品から更に一皮剥けましたよね。
 「そうそう。3枚目までの、あのクチャっとした無邪気さがなければ、ここまで大人になれなかったんですよ、わたし(笑)。最初からこれをやっていたら、先が続かなかったと思います。onpa)))))やGROOPIESがあったから今も自信が持てるんですよね」

――いつもアートワークにも拘っていらっしゃる感があるのですが、今回のミニマルなジャケットは寂しく思っていませんか?
 「これも絶対的に可愛いですよ!」

――今後アルバムもRaster-Notonから出るとなると、やっぱりグレースケール基調のミニマルなジャケットになると思うんですけど。
 「えー。完璧楽しみにしてました!わたし、周りから見るとどんどん変わる人に見えるのかもですが、わたしの中では一貫して理想に近づいてるんです。経緯や回り道も含めて、後退知らずなんですよ。だから楽しみだなーって思って、何にも気にしてなかったです」

1 2 3