ICEAGE

ICEAGE

何かを目指して始めたわけじゃない

 ユーロ有数のパンク・シーンが息づく“K-Town”ことデンマークはコペンハーゲンから現れた若きバンド・ICEAGEが、2011年に初のフル・アルバム『New Brigade』をリリース。同国のパンク黎明期バンドSODSに在籍したレジェンドPeter Peter Schneidermannがマスタリングを担当、プリミティヴ・ブラックメタル・フレイヴァの暴虐ハードコア・パンクで注目を浴びるSEXDROMEのカヴァーも収録され、ポスト・パンク、ノーウェイヴ、ダーク・ウェイヴ~ネオ・フォーク、ブラックメタル等をフラットな視点で捉えたサウンドが話題となった同作が、名門XL Recordings傘下のAbeanoよりワールドワイド・リリース。ローカル・シーンから世界へ羽ばたき、2010年代のパンクロック・ベーシックと呼んでも差支えない新世代のクラシック携えて2月に初来日を果たしたICEAGEの面々にお話を伺いました。答えてくれたのはギター / ヴォーカル担当、リーダー的存在のElias Bender Rønnenfelt(以下 R)と、ベーシストJakob Tvilling Pless(以下 P)のお2人。

取材・文 | 久保田千史 | 2012年2月
通訳 (thanks!) | 大坪純子

――最初に一応確認しておきたいんですけど、本当に10代なんですか?サバを読んだりしてないですか?
R 「(笑)。俺たち2人は今19歳だよ」
P 「ほかの2人は最近20歳になったんだけどね」

――若いのに渋い音だって言われません?
P 「うん、ときどき(笑)」
R 「このバンドを始めたのが早かったから、そう言われるんじゃないかな」

――お幾つの頃に始めたんですか?
R 「15歳?16歳?」
P 「15歳だと思うよ」

――その頃、目指す音楽性のヴィジョンのようなものはあったんでしょうか。
R 「何かを目指してバンドを始めたっていう感じではなかったな」
P 「そうだね」

――きっと何度も聞かれてウンザリしてるとは思うんですけど、バンド名はJOY DIVISIONの楽曲タイトルから取られたんでしょうか。実は全然意図していなかったとか(笑)?
P 「そうなんだよ(笑)。全然関係ないんだ」
R 「ぱっと頭に浮かんだ言葉をバンド名にしたんだよね」

――何かとJOY DIVISION、WIREのようなポストパンクや、ノーウェイヴを引き合いに出されますが、初めてICEAGEを聴いたとき、オリジナルのそういったものよりも、ブラックメタル経由での影響の方が強いんじゃないかな?と思ったんです。
P 「ブラックメタルは大好きだよ。でも、たくさんの音楽から影響を受けてるから、一概には言えないな」
R 「JOY DIVISIONだって大好きだし(笑)。かといって“そうなりたい”って特に意識するようなことは全くないんだよね。それに俺たち、JOY DIVISIONには全然似てないよな?」
P 「うん、似てないと思う」

New Brigade
ICEAGE ‘New Brigade’, 2011

――(笑)。ICEAGEの特徴のひとつであるリチュアルなイメージは、どういったところから着想を得ているのですか?ロゴはCURRENT 93みたいなイメージなのかな?と思ったんですけど。
R 「うん、CURRENT 93大好き。でも真似してロゴを作ったわけじゃないよ、もちろん(笑)。ネオフォークだと、DEATH IN JUNE、NATURE AND ORGANISATIONとかも好きだな」
P 「最近のだとCULT OF YOUTHとかね」

――ABSURDみたいなバンドもお好きなんですよね?それを公言して、しかも曲に“White Rune”(『New Brigade』収録)なんてタイトル付けてたら、国家社会主義者だって言われたりしませんか?実際違うとは分かってますけど(笑)。
P 「そうなんだよね、たまにナチ・バンドだって書かれちゃったりする。でも絶対に違うよ」
R 「ABSURDは別にナチだから好きなんじゃなくて、ただ音楽が好きなだけなんだ。“White Rune”も確かによくそういう風に言われるけど、ナチズムを意識したものでは全然ないんだよね。ナチっぽく取り上げるメディアには正直ウンザリしてる。物申したいよ」

――そりゃそうですよね……。そうやって様々な音楽を吸収しながらICEAGEが現在のような形になるまでは、どんな道程だったのでしょう。やはり身近なバンドからの影響が大きいですか?
P 「そうだね、近くにいるバンドからはたくさんインスピレーションをもらったよ」
R 「友達が良い音楽をやっていると、俺たちもより良いものを作りたいっていうモチベーションが湧いてくるしね。音楽をやっているのは俺たちだけじゃないんだ、って思うとすごく良い刺激になる」

1 2