ELEVENPLAY / MIKIKO

ELEVENPLAY, 2011

“誰にとってもの当たり前”じゃないこと

 Perfumeをはじめとする数々のコレオグラフでお茶の間でもおなじみ“MIKIKO先生”こと演出振付家・MIKIKOと、盟友であるダンサー / コレオグラファー・Tomomi Yoshimuraが、ダンスカンパニーELEVENPLAYを創設。現在は14人の女性で構成される同カンパニーが、2011年1月のレセプション公演に続いて初の単独公演「dot.」を同年11月11日より2日間、東京・ラフォーレミュージアム原宿にて開催。照明デザインにdumb typeの藤本隆行、テクニカル・サポートに鬼才集団Rhizomatiksを率いる真鍋大度、真鍋とは4nchor5 La6でも行動を共にする石橋 素、そして比嘉 了という日本を代表する異能揃いがテクニカルを固め、映像に関 和亮、音楽担当としてPerfumeクルーから飯塚啓介 aka KSKも参加。エッジィでありながらポップを実現した特異なダンス・インスタレーションとなりました。ほっとするお人柄に情熱を湛えた佇まいが素敵なMIKIKO先生に、ELEVENPLAY設立の経緯と今後について語っていただきました。

取材・文 | 久保田千史 | 2011年12月

――ELEVENPLAYを結成しようと思ったきっかけは何だったんですか?
 「ずっと地元の広島と東京を行き来をしながら、自分のスタイルを踊れる子を広島で育てたりしてたんですけど、2005年から2007年までNYに行っていて。日本に帰ってきて、完全に東京を拠点とすることになったときに、自分が本当に伝えたい動きをきちんと踊ってくれて、考え方も分かってくれる仲間が欲しかったんです。その都度プロのダンサーにお願いして、毎回違うメンバーでやるっていうのは、ちょっと限界があると思ったから。個人的に“良いな”と思った人を選んで声を掛けて、思いを語って、共感してくれるダンサーとカンパニーを作ったんです」

――その、語った思いというのは……。
 「インスタントなものだけじゃなくて、きちんと残していける作品を作るということを私はやっていきたい。それには時間もかかるし、まだやったことがない挑戦だから手探りだけども、成功したら楽しいことになると思うから、一緒にやってみませんか?という内容ですね。みんなすぐに“やりたい”って言ってくれて。どうしても、まだまだバイトしながらダンスをするという子も中にはも多くて、そういう子たちには、しっかりした“基地”的な場所があったほうが、たとえすぐにお金にはならなくても精神的に充実して過ごせるのかな、という気持ちもありました」

MIKIKO先生, 2011
MIKIKO先生

――サロン的な意味合いというか。
 「そうですね」

――MIKIKO先生が“作品”として作りたいもののヴィジョンというのは?
 「普段は、例えばアーティストの楽曲、CMとか、クライアントありきの仕事で、その中に自分の“味”みたいなものをどう入れていくか、という作業なんです。それはそれで楽しんでやらせていただいているんですけど、そうじゃなくて、前面に自分のやりたいこと、“今の自分はこうです”っていうものもきちんと作品として残したくて。それは自分に対しての確認作業でもあったりするんですよね。両方やっていないと自分的にバランスが取れなくなっちゃうから」

――MIKIKO先生は、クライアント仕事でもご自身の“味”が強く出ているほうではありますよね。
 「うーん、かと言って無理に個性を“出さなきゃ”っていうのも違うし」

――そうですね、“もっと自由に”というところですね。
 「はい」

ELEVENPLAY 'dot.', 2011
ELEVENPLAY ‘dot.’, 2011

――作品を作るにあたって、ご自身も踊れるわけですから、自分のダンスで何かを作ろうというお気持ちはなかったんですか?
 「NYに行く前に、自分が前に出て踊るのは完全に止めたんです」

――そうだったんですか……。
 「うふふ(笑)。そうなんです」

――それはまたどうして?
 「何に自分が一番興味を持てて、興奮できるか?って考えたら、人が踊っているのをディレクションしたり、振り付けたりするほうが楽しくて。今も振り付けをするにあたって相手に正しい形、ニュアンスを教えられるようにトレーニングはしていて、生徒の前やデモビデオでは踊ってるんですけど、もうそこまで。それを誰かの身体に移して、自分は客観的に見ていたい、っていうのがすごくはっきりした時期があったんですよね」

ELEVENPLAY 'dot.', 2011

――その時期、何かあったんでしょうか。
 「25、6歳の頃ですけど、なんとなくそっち側に行きたいかな、っていう気持ちはあったんです。でも自分はこう踊りたいな、っていうヴィジョンがまだはっきりあって、でも環境的には指導する側に回らないといけなくて、明らかに自分のことだけに時間を割けていないという焦りがあったんですよね。あるときそれが全然なくなった瞬間があって。みんながキラキラしてる方が嬉しいって。あまり自分の感情を自覚出来る方じゃないんですけど、“あ、明らかに私興奮してる”って確信したんですよ(笑)。そう思えることに出会えたことを大事にしたいと思ったのも大きいですね」

――その変化は何でしょうね。
 「何でしょうね(笑)。単純にプレイヤーより、クリエイターとしている自分の方がたぶん居心地が良いんだと思います」

――作っていきたい作品の、固まったコンセプトのようなものはあるんですか?
 「うーん、固まって何か持たない方が良いかな、っていうところもあるんですけど」

1 2 3 4