ZOMBIE-CHANG / Meirin

ZOMBIE-CHANG / photo ©Chifumi Kubota 久保田千史

寂しいだけが孤独じゃない

 フリーDL作品『恋のバカンス E.P.』を経て2016年にリリースした1stフル・アルバム『ZOMBIE-CHANGE』で注目を浴びたメイリンによるソロ・プロジェクト“ZOMBIE-CHANG(ゾンビーチャング)”が、早くも2ndアルバム『GANG!』をリリース。古くはTHE SPACE LADY、昨今であればHYPE WILLIAMS~Dean Blunt / Inga CopelandやGRIMES、Carla dal Fornoなどを思わせるロウな質感のベッドルーム・ポップスはそのままに、昭和の2文字すら過ぎる歌謡曲のムードをふんだんに盛り込み、人懐こくノスタルジックなメロディの“歌”が前面に押し出された本作は、蓮沼執太が『メロディーズ』に伴うツアーでコラボレートを求めた事実も納得の内容。古風なジェンダー役割語をあえて用いたミステリアスかつ普遍的な歌詞も含め、老若男女を虜にするであろう傑作ソングブックとなっています。近年はモデルとしても大活躍、Sky Ferreiraみたいなかっこいいアイコンとしても邁進中のメイリンさんに、ここまでの道程と活動に込められた意図についてお話を伺いました。

取材・文・撮影 | 久保田千史 | 2017年2月

――元々ギターを演奏・作曲されていたわけですが、現在のような機材での制作に移り変わっていったのにはどんな理由があるのでしょうか。
 「ギターの弾き語りだと表現方法が限られてくるし、“感情と自分を武器に”みたいなのとは違うことがしたかったので、色んな音が使える今の機材になっていきました。“売れたい”っていう気持ちもあるから、もっと多様性のある音楽にしたくて」

――“売れたい”っていう気持ちが、あるんですか。
 「ありますよ。“アンダーグラウンドでやっていきたい感じなんでしょ?”ってよく言われるんですけど、全然そんなことはなくて。色んな人と調和できるのであれば、調和したいし、なるべく寄り添いたいと思ってるんです。自分の本質的にはあまり寄り添える人じゃないんで(笑)、せめて音だけでも」

――素敵じゃないですか。
 「あはは(笑)」

――宅録で曲を作っていると、売れている音楽、例えばチャートに入っているJ-POPみたいに、高いスタジオで作られるようなサウンドのクオリティに到達するのって、めちゃくちゃ大変じゃないですか。
 「大変だと思います」

――でも、目指しているのはそういうところなんですか。
 「そうなりたいというよりも、メインストリームの音の基準をちょっと変えていけたらな、って思います。逆に。わたしの歌はすごくポップだと自分でも思っているんですけど、音の基準まで一緒にしてしまったら意味がないと思うんですよ。例えばSuchmosのかっこよさってそういうところだと思うんです。ストリートのクールな感じがありつつ、でもメインストリームで、新しい風じゃないですか。“売れたい”っていうのは、そういうものを目指したいということですね」

――志高いですね!
 「あはは。最初はそんなこと全然考えてなかったですよ(笑)。ギターを弾いていた時も(Apple)GarageBandをいじっていたので、使っているうちに電子音のおもしろさに気付いて。そこからLogicに買い換えて、機材も増やしてハマっていった感じです」

ZOMBIE-CHANG 'GANG!', 2017 <a href="http://bayon-p.com/" target="_blank" rel="noopener"><span style="color: #ffffff;">Roman Label / Bayon Production</span></a>
ZOMBIE-CHANG ‘GANG!’, 2017 Roman Label / Bayon Production

――メインで使っている機材は、ハードのサンプラーとPC?
 「ネットで観られるライヴ映像はPCを使っている映像しか上がってないんですけど、今はPC使っていないんですよ。DJミキサーとサンプラー、シンセでやっています。やっぱりPCって、壊れたらおしまいじゃないですか。それが怖くて。音が止まって、自分がパニックになる絵面しか浮かばないんで(笑)」

――そこですか(笑)。最近アナログシンセだけで作る人がまた増えているじゃないですか。そういう潮流でもなくて。
 「全然。なるべく安全なものを使いたいと思って(笑)。急にヒュン……とか落ちたらヤバいですよ。超コワいんで。1年くらい前にTYCHOのライヴを観に行ったんですけど、あんなに大きい会場で、よく堂々とPC使えるな……と思って。落ちたら怖くないのかな?って、すごい心配になっちゃって」

――ライヴを観に行って、その心配する人って初めてお会いしましたけど……たしかにそうですね、しかもTYCHOは遠い外国から持ってきているわけですもんね。
 「そうそう!好きだからこそ心配なんですよ」

――そんなにですか。TYCHOもそこまで心配されたら嬉しいでしょう(笑)。ああいった、アトモスフェリックな音楽がお好きということなんでしょうか。
 「そういうわけでもないんですよ。あまり統一されてなくて。わたしの好みって。TYCHOはTYCHOで好なだけで、例えばその関連の人たちとかを薦められると、ん?わかんない……ってなっちゃいます。自分の好きな環境、好きなタイミングで聴いて、その時の感情にリンクする音楽じゃないと全然好きになれないんですよ」

――わかります。その時々の気持ちで好きな音楽って変わりますよね。ひとつ“好き”って言うと、同じような音楽ばかり好きって思われがちですけど……。面倒臭いですよね。
 「そう(笑)。違うのに~!って思っちゃう。だから人とあまり音楽の話はできないです」