Julia Holter

Julia Holter / photo ©Tonje Thilesen

後から気付く要素

 Nite Jewel、Laurel Haloとの親交や、Linda Perhacsとのコラボレートなどで知られ、トイ・メイドの内省的なポップスからダイナミックなミュジーク・コンクレート、トラッド風味のフォーク・ソング、オーケストラルなスコア、シンセポップまで、様々な顔を見せてきた音楽家・Julia Holterが、オールディーズやクラシカルをAORのムードでアウトプットしたかの如き最新アルバム『Have You In My Wilderness』(2015, Domino)を携えて11月に初来日。コンサート直前の楽屋で、趣向の変遷や制作のプロセスについて伺いました。

取材・文 | 久保田千史 | 2015年11月
翻訳 (thanks!) | 原口美穂
main photo | ©Tonje Thilesen

――僕はMonika Enterprise(MALARIA!・Gudrun Gut主宰レーベル)からリリースされた4ウェイ・スプリット『4 Women No Cry Vol. 3』(2008)で初めてあなたの音楽を知ったのですが、その頃の楽曲と最新作を比較すると、ずいぶん作風が変化しましたよね。
 「そうですね。たしかに……」

――アヴァンギャルドな作風だった初期に比べ、近作はより“音楽的”な内容になっていると思います。
 「どうなんでしょう……。私自身はよくわかりません。作品の内容が毎回違うとは思いますが、特別どの作品でどう変わった、という感覚は持ち合わせていないんです」

Julia Holter 'Have You In My Wilderness', 2015 <a href="http://www.dominorecordco.com/" target="_blank" rel="noopener"><span style="color: #ffffff;">Domino</span></a>
Julia Holter ‘Have You In My Wilderness’, 2015 Domino

――初期の作品の頃は独りで制作されていたんですよね。
 「そうですね、『Ekstasis』(2012, Rvng Intl.)までは主に独りで制作していました」

――『Loud City Song』(2013, Domino)からはバンドと共に制作するようになりました。
 「『Ekstasis』でもいくつかの曲ではサックスやクラリネットなどをゲストに演奏してもらっているのですが、全面的にということであれば『Loud City Song』からですね」

――それによって、作曲面での変化はなかったのでしょうか。
 「作曲面での変化は特にありません。演奏陣が入ったことによって変わった部分があるとすれば、プロダクションですね。曲作りに関して言えば、私が家でデモを作るという作業自体に変更はないので、やはり最終的なプロセスで全く異なるものになってゆくという面が大きいです。『Have You In My Wilderness』に収録されている楽曲は、デモ・ヴァージョンを聴けばそこまで変化を感じないと思いますよ。実際、『Tragedy』(2011, MatthewDavid主宰Leaving Records)の頃にデモはすでに出来上がっていたんです。2011年頃ですね」

――そうなんですか!順を追って技術や作風が変化していったわけではないんですね。
 「そうですね。いくつかの曲は、当時作ったオリジナルのデモをネットで公開しているので、もしよかったら聴いてみてください」

1 2 3